金乗院

マーカーは金乗院です。

金乗院
[真言宗豊山派の金乗院は、如意山金乗院萬徳寺と号し、僧行栄が文禄年間(1592-6)に建立したと言われ、寺領18石9斗余の御朱印寺で、中本寺格の寺院でした。文久元年(1861)、門前にあった須賀神社の祭りの時火災に遭い全焼、昭和32年に再建しました。豊島八十八ヶ所霊場32番札所です。  (「猫のあしあと – 金乗院」より)]

金乗院の一石六地蔵(こんじょういんのいっせきろくじぞう)
[高さ198センチメートルの舟形の石造物です。中央に左から錫杖(しゃくじょう)、薬壺(やっこ)、合掌数珠、傘蓋(さんがい)、(ばん)をそれぞれ持つ地蔵菩薩立像六躯が浮き彫りされています。これは六地蔵といって、地獄餓鬼畜生修羅人間天上のどこにいても救いの手をさしのべる六道救済の地蔵です。明暦2年(1656年)9月15日に「下練馬本村御月待衆(おんつきまちしゅう)」によって建立されたもので、上部には、地蔵を示す梵字「カ」とともに日・月が彫られており、「奉新造立六地蔵大菩薩二世安楽所」として、下部に月待衆16人の名が刻まれています。画像リンク
 平成5年度区登録  (「練馬区ホームページ – 金乗院の一石六地蔵(こんじょういんのいっせきろくじぞう)」より)]

金乗院御朱印状(こんじょういんごしゅいんじょう)〈非公開〉
[徳川将軍家が金乗院の寺領18石9斗を安堵し、年貢・雑税を免除することを認めた朱印状です。将軍に対する敬意を込めて「御朱印状」と呼ばれました。慶安2年(1649年)3代将軍家光の朱印状をはじめ、将軍の代替りごとに万延元年(1860年)14代家茂まで発給された9点の朱印状が、漆塗りの御朱印箱に納められています。11代家斉のものを除き、大高檀紙(おおたかだんし)(※注釈)が使われています。 区内では、まとまって伝わる朱印状として、数少ない貴重なものです。
 ※注釈:大高檀紙 厚手で白く縮緬(ちりめん)のような皺のある縦約47センチメートル、横約66センチメートルの和紙で、江戸時代の将軍が判物(はんもつ)や朱印状などに用いました。画像リンク1(御朱印箱)画像リンク2(朱印状一括)画像リンク3(徳川家光朱印状)画像リンク4(徳川綱吉朱印状)画像リンク5(徳川吉宗朱印状)画像リンク6(徳川家茂朱印状)
 平成8年度区登録・平成13年度区指定  (「練馬区ホームページ – 金乗院御朱印状 (こんじょういん ごしゅいんじょう)」より)]

金乗院 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が金乗院総門です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*