金井原古戦場の碑

マーカーは金井原古戦場の碑です。

金井原古戦場の碑
[南北朝時代正平7年(1352)、南朝方の新田義貞(にったよしさだ)の子義宗(よしむね)・善興(よしおき)等が宗尊親王(むねよししんのう)を奉じて上野(こうずけ・現群馬県)に挙兵、武蔵野を舞台に北朝足利尊氏(あしかがたかうじ)と戦った。世にいう武蔵野合戦である。同年閏2月20日、20万騎に及ぶ大軍勢が人見原(府中市若松町)から金井原にかけて戦いを繰り広げ、足利軍は石浜(台東区)へ敗走した。なお、牛浜(福生市)へ逃れたという説もある。
 昭和11年3月4日に都史跡(昭和30年旧跡に変更)に指定されている。昭和34年に霊園通りと小金井街道の交差点に「史跡金井原古戦場」碑が建立された。  (「小金井の指定文化財(国・都指定文化財等):小金井市公式WEBへようこそ」より)]

金井原古戦場の碑 – Google Map 画像リンク

カメラ南方向が金井原古戦場の碑です。

金井原古戦場の碑(Google Map 画像)

金井原古戦場の碑案内板(Google Map 画像)