金剛寺(高幡不動)

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    金剛寺(高幡不動)
    [金剛寺(こんごうじ)は、東京都日野市高幡にある真言宗智山派別格本山の寺院。高幡不動の通称で知られる。本尊不動明王。寺号は高幡山明王院金剛寺と称する。草創は古文書によれば大宝年間(701―704)以前とも或いは奈良時代行基菩薩の開基とも伝えられるが、今を去る1100年前、平安時代初期に慈覚大師円仁清和天皇の勅願により東関鎮護の霊場を高幡山山上に開いたのが始まりとされ、「高幡のお不動さん」と呼ばれ人々の信仰を集めており、毎月28日の縁日には多くの参詣者で賑わう。成田山新勝寺などとともに、関東三大不動の一とされる。なお、関東三大不動の他の1つは不動ヶ岡不動(總願寺)、大山不動(大山寺)あるいは高山不動(常楽院)とされている。新選組副長として活躍した土方歳三の菩提寺である縁から境内には土方歳三の銅像や殉節両雄の碑がある。歳三の墓のある愛宕山石田寺(あたごさんせきでんじ)は末寺のひとつである。都内有数のアジサイの名所としても知られ、6月上旬には境内奥の山には山アジサイが咲く。その他のあじさいは6月終わり頃までが見ごろである。
    重要文化財
    ●木造不動明王及び二童子像 – 不動堂の本尊。不動明王坐像の向かって右に矜羯羅童子(こんがらどうじ)像、左に制托迦童子(せいたかどうじ)像が立つ。不動明王像の像高は約2.8メートル。建武2年(1335年)、不動堂が大風で倒壊した際に大破し、康永元年(1342年)に修理されているが、各像とも根幹部分は平安時代後期の作である。現在、これらの像は奥殿に安置され、不動堂には、極彩色の等身大の身代わり本尊が新造・安置されている。
    ●不動堂(附:勧進状)
    ●仁王門 – 1959年に解体修理が行われ、楼門として復原。
    仁王門(重要文化財)・wikipedia-photo

    不動堂(重要文化財)・wikipedia-photo

    五重塔・wikipedia-photo

    大日堂 金剛寺の総本堂・wikipedia-photo

      (wikipedia・金剛寺_(日野市)より)]

    [五重塔の下、千体地蔵堂へ。ここには五大明王像と弘法大師像、た~くさんの地蔵様が。天然石のメノウのような形の中に地蔵さまが入っていて、それがズラァァァ~~~ッと千体並んでいる感じ。  (「とっても大きい不動明王さま~!!高幡不動尊金剛寺|下川 …」より)
    千体地蔵堂で毎月、千体地蔵尊総回向法要が行われています。  (「金剛寺(高幡不動)ホームページ」から]

    高幡不動尊金剛寺ホームページ」-「金剛寺(高幡不動)境内マップ」、「お祭りと年中行事」、「大晦日・除夜の鐘供養
    金剛寺(高幡不動)境内図

    金剛寺資料リンク
    江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「高幡不動堂」(10-35)、「高幡山金剛寺解説-1・左ページ左側」(10-34)、「高幡山金剛寺解説-2」(10-36)、「平村平惟盛古墳」(10-37)
    高幡不動堂(拡大図)

    平村平惟盛古墳(拡大図)

    [平村(たいらむら) 平惟盛(たいらこれもり)古墳(こふん) の挿絵中央の板碑には、「文永八年辛未中冬日」とあります。
    本文には、「平維盛(たいらのこれもり)之墓(のはか)  金剛寺(こんごうじ)より一町ばかり西南(にしみなみ)平村(たいらむら)・・・似あり。青き一片(いっぺん)の板石(いたいし)にして高さ七尺五寸あまり、巾(はば)二尺程、厚さ二寸ばかりあり。上の方に、きりく字を彫(ほり)、下に文永八年辛未中冬(ちゅうとう)日とあり、土人(どじん)相伝(あいつた)えて平維盛(たいらのこれもり)の碑(ひ)なりと云(いう)・・・」とあります。
    この板碑(画像リンク)については、その後の研究で、鎌倉時代の早い時期に武蔵の国の高麗地方から現在の日野市に移住し勢力を伸ばした平姓の高麗一族の始祖の供養塔であろうと、推測されているようです。  (「歴史散歩 江戸名所図会 巻之三 第十冊」より)]

    仁王門 – Google Map 画像リンク」、「高幡不動尊水舎 – Google Map 画像リンク」、「土方歳三像 – Google Map 画像リンク」、「弁天堂 – Google Map 画像リンク」、「宝輪閣 – Google Map 画像リンク」、「不動堂 – Google Map 画像リンク」、「高幡不動 上杉堂 – Google Map 画像リンク」、「奥殿 – Google Map 画像リンク」、「高幡不動 五重塔 – Google Map 画像リンク」、「虚空蔵院 – Google Map 画像リンク」、「高幡不動 大師堂 – Google Map 画像リンク」、「聖天堂 – Google Map 画像リンク」、「大観音像 – Google Map 画像リンク」、「文永の板碑 – Google Map 画像リンク」、「山門 – Google Map 画像リンク」、「五部権現社 – Google Map 画像リンク」、「鐘楼 – Google Map 画像リンク」、「大日堂 – Google Map 画像リンク」、「高幡不動尊金剛寺 – Google Map 画像リンク」、「山あじさい鑑賞路 – Google Map 画像リンク

    カメラ西方向が金剛寺仁王門です。

    金剛寺のストリートビューで、カメラ西方向が不動堂です。

    金剛寺のストリートビューで、カメラ西北西方向が五重塔です。

    金剛寺のストリートビューで、大師堂前のカメラです。

    金剛寺のストリートビューで、大日堂・金剛寺の総本堂前のカメラです。カメラ南西方向を進むと六地蔵、カメラ南方向石段上が鐘楼です。

    大日堂南側・墓地への入口で、六地蔵前のストリートビューです。

    鐘楼前の360citiesです。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *