関家かなどこ跡案内板

マーカーは関家かなどこ跡案内板です。

関家かなどこ跡
[関家は、鋳物三家(矢澤、森窪、関氏)の一家と言われ、江戸時代から明治初期まで鋳造を業としておりました。
 梵鐘、仏像等の他に鍋釜などの日用品を製造しており、鋳物三家の銘のある梵鐘には、立川普済寺府中高安寺、日野牛頭天王(現八坂神社)等があり、谷保山南養寺のものには、安永六年(一七七七)関氏の銘が刻まれています。
 また、関家には、観世音菩薩座像の鋳型が保存されており、この原形をもとにした仏像は、所沢の薬王寺にありましたが、戦時中の供出により失われてしまいました。
 昭和三十七年の作業場等の発掘調査により面積約一五〇平方メートルの中に鉄滓、鉄片、陶片、煉瓦片等が発見されております。
平成五年三月
国立市教育委員会  (「関家かなどこ跡 – Monumento(モニュメント)」より)]

カメラ西南西方向に関家かなどこ跡案内板があります。