高木八幡宮

マーカーは高木八幡宮です。

高木八幡宮
[高木八幡宮の創建年代等は不詳ながら、当地中藤新田は享保年間(1716~35)に開発されており、当社も同時期の創建ではないかといいます。明治7年村社に列格しました。
●「国分寺市有形文化財調査報告書(神社・寺院)」による高木八幡宮の由緒
高木八幡宮は、高木町3-9、けやき台団地入口交差点東北角に位置する神社です。南北に長い境内で、敷地南面に入口があり、西傍らには灯籠、馬頭観音地蔵が立つ。2基の鳥居を潜り境内を進むと東側に昭和45(1970)年建築の社務所が建ち、突き当たりに拝殿、覆殿、本殿が配されます。
高木地区は18世紀前期の享保年間における新田開発によって聞かれ、元文元(1736)年に検地を受けています。神社は享保16(1731)年に鎮守として八幡宮を祭り、元文4(1739)年には地蔵尊を祀ったことが知られています。
現在の社殿は本殿、覆殿が明治29(1896)年の建築と考えられ、拝殿は平成元(1989)年の建築であることが奉納札の記述から知ることができます。(「国分寺市有形文化財調査報告書(神社・寺院)」より)  (「高木八幡宮|国分寺市高木町の神社 – 猫の足あと」より)]

高木八幡宮 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向が高木八幡宮参道です。鳥居前左に馬頭観音・地蔵尊が祀られています。