鳩林荘

マーカーは鳩林荘です。

鳩林荘
[野川沿いのハケ国分寺崖線)には著名人の別荘やその跡を利用した公園が見受けられますが(殿ヶ谷戸庭園等)、この国分寺崖線から一段下がった府中崖線に存在するのが鳩林荘です。
 鳩林荘は東京競馬場の至近にあります。ここはもと2000坪ほどの茶庭として明治時代に子爵岡部長職(おかべながもと)により開かれ、これを加藤辰弥(西園寺公望秘書官)が買い受けたものです。加藤氏所有時から鳩林荘(きゅうりんそう)と呼ばれています(正二郎が鳩山氏と縁戚関係を築いたことから「鳩」を付けた訳ではありません)。
 正二郎は昭和25年に加藤氏から庭園を引き継ぐと隣接地も買い入れ園域を約6000坪に拡張しました。2つの池を造成し、建物を移築・樹木を移植するするなどして、大がかりに手を加えて現在の姿にしています。これは、元の庭が茶室用で格式が強すぎるものであったため正二郎好みの<自由と明るさ>を取り入れることを目的としたものでした。
 鳩林荘庭園はハケの段差と湧水を利用して造園されています。提灯に迎えられて中に入ると、かやぶき屋根の家屋の先に2段に別れた広大な庭園が広がります。入ったところは上の段なので下方にも段があると言うほうが正確です。
 上の段に三角形をモチーフにしたスパニッシュの洋館(昭和28年築)があります。庭園の中央部にケヤキの巨木があります。推定樹齢約500年とされています。ケヤキの右(北)側が上の段・左(南)側が下の段になります。上の段から下の段にむかう水の流れが作られています。下の段に3棟の茅葺き建物があり、現在はゲスト用飲食場として利用されています。下の段には鎌倉街道が今もそのままの状態で残されています。古き良き武蔵野の面影を感じることが出来る貴重な場所です。  (「東京の石橋正二郎 2」より)]

鳩林荘 – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向が鳩林荘表門です。