五百羅漢寺の道標

マーカーは五百羅漢寺の道標です。

五百羅漢寺の道標
[五百羅漢の道標は、当地及び近隣の庚申 (通り・坂の「庚申坂」の説明参照。)講中によって文化2年 (1805)に建てられれました。小名木川沿いの道と四ツ目通が交わる地点に建てられていて、大島にあった 五百羅漢寺亀戸天神社への道を示しています。 五百羅漢寺は河東(江戸隅田川の東、本所深川をさす)第一の名藍(めいらん)(寺)と云われた寺院で、亀戸天神社とともに多くの参詣客を集めました。小名木川は、そうした人々をも運び、 道標は舟から上陸した人々への道案内でした。  (「小名木川(小名木川橋)」より)] 

五百羅漢道標 – Google Map 画像リンク
    
カメラ東北東方向・石垣角に五百羅漢の道標があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*