東井堀(二枚橋)跡

マーカーは二枚橋親柱です。

関連トップページ – 上下之割用水

国立公文書館 デジタルアーカイブ – 江戸御場絵図 – 葛西筋御場絵図」(絵図は東が上になっていますので、北を上にすると見やすくなります。絵図を北向きにして、中央右下方向・元佐倉道中と東井堀が交差する場所に弐ッハシと描かれ、その上流で東井堀から篠崎用水が分水しています。二枚橋の本来の名称は二ツ橋で、東井堀に架かる橋と、篠崎用水に架かる橋を総称していたのではないかと思います。

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。
1896~1909年地図で、千葉街道と東井堀が交差する場所に二枚橋が描かれています。二枚橋上流で東井堀から篠崎用水が分水しています。

東井堀(二枚橋)跡
[西小岩3丁目より二枚橋を経て谷河内橋付近まで道路沿いに暗渠となり、京葉道路より南の南篠崎4丁目付近までは水路で、その南の前野閘門で再び暗渠となっています。
小岩用水・東井堀・中井堀・西井堀は、いずれも江戸時代に整備された用水路で、小合溜井葛飾区水元)を水源としていました。江戸川区の村々は、江戸時代を通じて羽生領川俣用水組合に属していましたが、流末のため、用水供給の安定性に欠けていました。幕府享保13年(1728)の水害を契機にして、下小合村にあった古利根川の河跡を利用し、小合溜井(潅概用水池)をつくり、以南の地域の用水源にあてています。小岩用水は新宿で分かれて下小岩村まで、東井堀は曲金村で分かれて前野で江戸川に通じ、中井堀は細田村で西井堀を分けてほぼ直線で南下して新川に通じ、西井堀は旧中川に通じていました。主として農業用排水路として利用されましたが、現在はその役目を終え、ほとんどが暗渠になっています。
「東井堀浚人足高當取調簿」(須原家文書1136)によると、東井堀の供給を受けていたのは12カ村でした。内訳は笹ヶ崎村、上篠崎村、下篠崎村、上鎌田村、下鎌田村、一之江新田、谷河内村、新堀村、鹿骨村、松本村、興之宮村、上一色村です。
●江戸川区登録史跡
●西小岩3丁目境から江戸川1丁目前野閘門から旧江戸川部分
●昭和61年2月12日 告示  (「東井堀跡 江戸川区 文化財・史跡」より)]

二枚橋親柱 – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向に二枚橋親柱が残されています。