柳川藩立花家中屋敷跡

マーカーは柳川藩立花家中屋敷跡です。

関連リンク – 西町太郎稲荷神社(柳川藩立花家上屋敷跡)太郎稲荷神社(柳川藩立花家下屋敷跡)

柳川藩立花家
[柳河藩(柳川藩、やながわはん)は、筑後国に存在した藩。藩庁は柳川城(現:福岡県柳川市)。当初は筑後一国を支配する大藩であったが、のちに久留米藩の成立により筑後南部のみを領有する中藩となった。
柳河(柳川)地域を中心とする下筑後(筑後南西)地方は、鎌倉時代から戦国時代末期まで蒲池氏の領地であり、次いで蒲池氏を滅ぼした龍造寺氏が一時期支配する。
豊臣時代立花宗茂が柳川城主として13万2千石を領していたが、慶長5年(1600年)に関ヶ原の戦いで西軍に与したため改易除封となった。
同年、三河国岡崎城田中吉政が、石田三成を捕らえた功により筑後一国32万5千石を与えられ、柳川城に入った。吉政は筑後川などの河川改修、新田開発の奨励、有明海沿岸に「慶長本土居」と呼ばれる32キロメートルにも及ぶ堤防の構築など、領内の整備を精力的に行った。元和6年(1620年)、2代忠政が病没すると、無嗣断絶により改易となった。
同年のうちに旧田中領は分割され、西軍荷担の罪を赦され陸奥国棚倉藩3万石を領していた立花宗茂が8万石弱の加増を受けて10万9千石で柳川城に返り咲いた。また久留米城有馬豊氏が21万石で入部し、久留米藩を立藩した。さらに翌元和7年(1621年)には、宗茂の甥にあたる立花種次三池郡に1万石で入り三池藩を立藩している。
4代鑑任元禄10年(1697年)城の西方に藩主別邸「集景亭」を造営した。鑑任死後は会所となったが、元文3年(1738年)に柳川城二の丸にあった奥(江戸城大奥に相当)が同所に移転され、以降は御花畠と呼ばれるようになった。この建築物は旧藩主立花家が経営する料亭旅館「御花」として現存している。
8代鑑寿の時に下手渡藩に左遷転封となった一族の旧三池藩領1万4千石は西国筋郡代支配となっていたが、文化13年(1816年)にこれが柳河藩預かりに変更された。その後嘉永4年(1851年)に預かり地のうち5千石が下手渡藩領に復し、明治元年(1868年)に下手渡藩が藩庁を三池に移転したことで三池藩が再び立藩、これにより柳河藩の預かりは終了した。
最後の藩主である12代鑑寛安政年間(1854年 – 1859年)、家老の立花壱岐を登用し安政の改革を断行した。明治2年(1869年)戊辰戦争での軍功により明治政府より賞典禄5千石を与えられた。
明治4年(1871年)、廃藩置県により柳川県となったのち、三潴県を経て福岡県に編入された。  (wikipedia・柳河藩より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 浅草御蔵前辺図(嘉永六年・1853年)」(絵図中央上に立花左近将監(立花鑑寛)中屋敷が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 拾五之二(弘化二年・1845年)」(コマ番号・2/2、絵図中央下方向に立花左近将監(立花鑑寛)中屋敷が描かれています。)

カメラ位置は蔵前小学校通り/左衛門橋通り交差点で、この周辺が柳川藩立花家中屋敷跡になると思います。