三田用水跡(茶屋坂トンネル跡)

マーカーは茶屋坂トンネル跡です。

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。

茶屋坂トンネル跡
[山手通り中目黒駅から大鳥交差点に向かい、目黒警察署の先を左折すると、旧目黒村の小字名にちなんで、目黒川にかかる中里橋がある。橋を渡ると、こう配のゆるやかな長い坂道が、かつての海軍技術研究所に沿って続く。坂の中程にあるバス停に「茶屋坂」とあるが、この道は、右手奥の、3代将軍徳川家光にまつわる「茶屋坂」に対して、昭和3年に開かれたずい道で、「新茶屋坂」と呼ばれる。坂の途中にあるトンネル上には、昭和49年に廃止されるまで、三田用水が延々300余年にわたって流れ続いていた。トンネルをくぐる辺りから、坂上にかけて左手に、うっそうと生い茂る松林は、江戸時代の目黒の姿を物語るかのように、当時の面影をしのばせていたが、ずい道は撤去され、町並みは変ってしまった。  (「新茶屋坂 目黒区 」より)]

[駒沢通りより先しばらく、水路跡は大型マンションの敷地内、そして自衛隊目黒駐屯地の中を通っており、確認することはできません。再び道路沿いとなるのは中目黒と三田の境目となる新茶屋坂の切通しより先となります。この切通には最近まで「茶屋坂トンネル」がありました。台地に切通しで道を通した際に、三田用水の水路のところだけトンネルにしていたもので、現在は記念碑にその姿を確認できます。
この自衛隊目黒駐屯地もまた三田用水と深い関係を持っています。駐屯地のルーツは1857年に江戸幕府がこの地にひらいた火薬製造所に遡ります。三田用水に架けられた水車がその動力源となりました。明治時代にはいり、1885年には海軍造兵廠火薬製造所としての稼働が開始します。これに先立ち、1880年には玉川上水に「海軍火薬製造所分水」の取水口も設けられ、三田用水の水に加えられています。
当初は動力源として利用されていた三田用水は、動力源が蒸気機関〜電力へと変わる中、こんどは別の用途で使われることになります。1929年、海軍技術研究所が敷地内に開設され、三田用水はそこに設けられた、全長250mの大規模な実験用プールの水源となりました。
戦後米軍の恵比寿キャンプだった時期を経て、施設は1956年には防衛庁技術研究所となり、現在の防衛省艦艇装備研究所に至ります。三田用水の水は送水がストップする1974年まで実験用プールの水や雑用水として使われ続けました。  (「水のない水辺から・・・「暗渠」の愉しみ方 第10回 台地の上の – ミズベリング …」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 目黒白金辺図」(絵図中央上方向・松平主殿頭下屋敷右に三田用水が描かれています)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内場末往還其外沿革圖書. [3]拾六中」(コマ番号94・右ページの目切坂別所坂、一見茶屋の左側に三田用水が描かれています。)

6 荏原郡目黒村全図」(リンクページの地図をクリックすると拡大画面が表示されます。地図中央右方向・火薬製造所の右下方向に茶屋坂が描かれ、茶屋坂上に三田用水が描かれています。)

カメラ北東方向・蔦に覆われた擁壁間に「茶屋坂トンネル」があったようで、道路右に記念碑があります。

茶屋坂隧道碑(Google Map 画像)