中目黒八幡神社

マーカーは中目黒八幡神社です。

国立公文書館デジタルアーカイブ – 江戸御場絵図」[江戸御場絵図表示は南北逆になっていますので、反転表示すると見やすくなります。反転表示した絵図右方向・「中目黒」左上に八幡と描かれています。]

中目黒八幡神社
[中目黒八幡神社(なかめぐろはちまんじんじゃ)は、東京都目黒区中目黒にある神社。創建に関しては資料などが焼失しているため、不詳。ただし、江戸幕府源氏守護神である八幡信仰によって農民との融和団結を深めようとして農村に八幡神社の建設を奨励した寛文年間(1660年代)の創建ではないかと説もある。その後の宝暦13年(1763年)の書物には、当神社についての記載がある。現在の社殿は昭和11年(1936年)に竣工のもの。なお当神社は古来より十二座の神楽が奏されることでも有名で、毎年9月の例大祭には十二座の神楽が奏される。中目黒八幡神社・wikipedia-photo  (wikipedia・中目黒八幡神社より)]

中目黒八幡神社資料リンク
中目黒八幡神社ホームページ

国立国会図書館デジタルコレクション – 麻布新堀河ヨリ品川目黒マデ絵図」(コマ番号6/7・絵図左中央下「目黒不動 龍泉寺」の左下に「八幡」と描かれています。)

中目黒八幡神社 – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向が中目黒八幡神社参道です。

カメラ西北西方向が中目黒八幡神社拝殿です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*