大聖院

マーカーは大聖院です。

国立公文書館デジタルアーカイブ – 江戸御場絵図」[江戸御場絵図表示は南北逆になっていますので、反転表示すると見やすくなります。反転表示した絵図右方向・「下目黒」右上に大聖院が描かれています。]

大聖院
[大聖院は、弘治3年(1557)貞順によって開創されたと伝えられ、目黒不動瀧泉寺の末寺でありました。
本尊京都永観堂本尊の写しとされる回顧(みがえり)の阿弥陀如来で、他に十一面観世音菩薩不動明王像が安置されていました。
元和年中(1615~23)生運和尚が中興し、旧目黒村総鎮守大鳥神社別当寺でありました。寛政10年真性和尚が本堂庫裏を再建しましたが、その後長らく無住の時代があり、堂宇が荒廃しました。
十三世良詮師は終生を寺門の復興に委ね、昭和2年4月本堂の大修理・庫裏の改築が完成し、諸般の設備が整いました。然し、昭和20年5月の空襲により本尊並びに堂宇を焼失、直ちに仮本堂を建築し、類焼を免れた十一面観世音菩薩を本尊として奉安されました。
昭和42年十四世良勤師の代に現在の鉄筋2階建ての本堂・書院が新築されました。
境内に有る3基の織部式灯籠は、三体地蔵とか切支丹灯籠と呼ばれています。もと、三田千代が崎の旧島原藩主松平主殿頭の下屋敷(後の大村伯爵)林泉中の小祠内に有ったものを、大正15年10月大聖院に移したものです。  (「松輝山生運寺 大聖院 | 天台宗東京教区」より)]

大聖院資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 目黒白金辺図」(絵図左上・大鳥大明神 大ショウインと記述されています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 麻布新堀河ヨリ品川目黒マデ絵図」(コマ番号6/7・絵図中央付近に「大聖院」が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 府内場末其外往還沿革図書. [4]拾六中」(コマ番号4・地図中央、大鳥社右に大聖院が描かれています。)

大聖院 – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向が大聖院で、門内に切支丹灯籠があります。