徳島藩蜂須賀家下・抱屋敷跡

マーカーは徳島藩蜂須賀家下・抱屋敷跡です。

関連リンク - 徳島藩蜂須賀家上屋敷跡徳島藩蜂須賀家中屋敷跡徳島藩蜂須賀家(築地)中屋敷跡徳島藩蜂須賀家下屋敷(雀林荘)跡徳島藩蜂須賀家下屋敷(砂村屋敷)跡

国立国会図書館デジタルコレクション – 東京市史稿. 市街編49(1960年東京都出版)」の「江戸藩邸沿革」のP429・コマ番号258/553から徳島藩屋敷の変遷について記載されています。P431・コマ番号259/553「下屋敷 白金」がこの地になります。

蜂須賀斉裕
[蜂須賀 斉裕(はちすか なりひろ)は、11代将軍・徳川家斉の二十二男で、12代将軍・徳川家慶の異母弟。13代将軍・徳川家定(家慶の子)は甥にあたるが、僅か3歳年下である。父の家斉より偏諱を賜って斉裕と名乗る。
文政4年(1821年)9月19日生まれ。文政10年(1827年)閏6月3日、徳島藩12代藩主・蜂須賀斉昌の養子となる。斉裕の父・家斉は「膃肭臍将軍」と皮肉られるほどの子沢山で、成長した男児は嫡男の家慶を除いてことごとく他藩に養子に出された。徳川将軍家の子だけあって養子先の多くは親藩の大藩だったが、やがてそれだけでは賄いきれなくなる。最終的には小藩にも実質的な持参金手形付き、つまり襲封時に大幅加増があることを内諾の上で養子に出す有様となった。
こうした中で斉裕は外様大名の徳島藩主蜂須賀斉昌の養嗣子に出された。徳島藩は阿波淡路両国を治める大藩で、表高25万7千石は石高として申し分なかったが、外様であることに変わりはない。
天保14年(1843年)、家督を継いで藩主となった。この頃、徳島藩では財政が悪化し、窮した前藩主・斉昌は百姓に重税を強いることで解決しようとしたが、これに百姓が猛反発して天保12年12月4日(1842年1月15日)、一揆を起こした。このとき、斉昌は一揆の首謀者の一人を処罰せず許すという態度で、藩主にはもはや百姓を抑える力さえも欠如しかけていた。
そのような中で藩主となった斉裕は、藩政改革に取り組むことにした。まず、藩士の知行を3割削減し、領内の特産品である染料と藍を扱う大商人に献金を求めた。さらに藩の軍制をイギリス式に改め、海防に力を注いだ。
淡路島の岩屋や由良(現淡路市)に砲台を建築するなど、海防においては多くの功績を挙げている。このため、幕末の動乱期に、斉裕は幕府が新たに設置した役職である海軍総裁陸軍総裁に兼務任命(文久2年12月18日(1863年2月6日))されている。しかしこのための出費が凄まじく、短期間で海軍総裁・陸軍総裁は廃止されたが、徳島藩の財政は破綻寸前になった。
斉裕は徳川将軍家の一族であったが、幕末の幕政とはある程度の距離を置いていた。海軍総裁・陸軍総裁に任命されたが短期間で廃止になったのも、斉裕が幕府とあまり関わりあいたくなかったからだとも言われている。斉裕は幕末期、公武合体を目指して京都などに家臣を積極的に送り込んでいる。
しかし、洲本城代の稲田邦植(蜂須賀家の筆頭家老)をはじめとする家臣団の多くから公武合体に対して批判的な意見が多く、藩論を統一することができなかった。幕末において徳島藩が名を残すことができなかったのも、藩論統一が成されなかったためと言われている。
晩年の慶応3年(1867年)11月には、江戸相撲の本場所・千羽ヶ嶽兵右エ門國見山半五郎戦の勝負結果を巡って、千羽ヶ嶽や、鬼面山谷五郎(後の第13代横綱)、小柳常吉(元関脇)など自身のお抱え力士をボイコットとさせるという大事件を起こした。
慶応4年(1868年)1月3日危篤に陥り、1月6日(鳥羽・伏見の戦い中)、48歳で急死し、跡を次男の茂韶が継いだ。  (wikipedia・蜂須賀斉裕より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 目黒白金辺図(嘉永七年・1854年)」(絵図四つ切右下・瑞聖寺右上方向に松平阿波守(蜂須賀斉裕)下屋敷が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内場末往還其外沿革圖書. [4]拾六中(弘化三年・1846年)」(コマ番号2/5・絵図四つ切右上・瑞聖寺左下方向に松平阿波守(蜂須賀斉裕)下屋敷・抱屋敷が描かれています。)

東京市拾五区区分全図 第十弐 芝区全図 – 特別区協議会」(地図四つ切左上・白金三光町263番-275番までが徳島藩蜂須賀家下・抱屋敷跡と思われます。)

カメラ位置はプラチナ通りで、カメラ北西方向道路を含む両サイド一帯が徳島藩蜂須賀家下・抱屋敷跡になります。