皀樹橋(さいかちばし)

マーカーは皀樹橋(さいかちばし)です。

皀樹橋(さいかちばし)
[別所坂新道坂から下った先、現在の駒沢通り(東京都道416号古川橋二子玉川線)の目黒川に架かる橋です。東京の橋:皀樹橋によるとが現在の橋は昭和60年1月完成の橋ですが、江戸時代からある古い橋です。皀樹橋を西に山手通りを越えた左に正覚寺があります。]

簿冊標題:江戸御場絵図(文化2(1805)年)」(絵図は南方向が上になっていますので、反転して北方向を上にすると見やすくなります。反転絵図中央右方向・「中目黒」右下に長泉院、上に正覚寺、左下に祐天寺が描かれています。八幡は中目黒八幡神社、神明社は上目黒天祖神社になります。正覚寺上に目黒川に架かる字皀樹ハシが描かれています。字皀樹ハシ右上の道先が新道坂、右下先が別所坂になります。)

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。1896~1909年地図の「別所」下、目黒川に架かる橋が皀樹橋(さいかちばし)になります。

カメラ位置は皀樹橋北東詰めで、カメラ南西方向山手通り先の左に正覚寺、その先に祐天寺があります。