葦毛塚

マーカーは葦毛塚です。

国立公文書館デジタルアーカイブ – 江戸御場絵図」[江戸御場絵図表示は南北逆になっていますので、反転表示すると見やすくなります。反転表示した絵図四つ切右上・「池澤」の下方向、馬込領と世田谷領の境界で蛇崩川の交点付近が葦毛塚がある辺りだと思います。]

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。
1896~1909年地図で蛇崩の左下、蛇崩川の右側が葦毛塚がある辺りだと思います。

葦毛塚
[五本木一丁目辺り、世田谷区との区境を成す道路の中央に、シラカシサイカチなどが繁った「芦毛塚(あしげづか)」がある。この塚については諸説があるが、「江戸名所図会」・「新編武蔵風土記稿」には「頼朝が乗っていた芦毛の馬が死んだので埋葬した」という話が記されている。
この区境の道路は、鷹番三丁目の駒沢通りとの合流点まで世田谷区の区道なので、塚の所在地も同区下馬五丁目である。下馬一帯の旧地名「馬引沢」がこの塚に由来するといわれるところから、昭和5年の区画整理の際、周囲を船形にコンクリートで土どめして保存することとなった。今、塚をはさんで車が行き交うこの道を、かつて頼朝らが兵を率いて通ったのであろうか。  (「目黒のみち 芦毛塚の道 目黒区」より)]

葦毛塚 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向が葦毛塚です。