覚林寺(清正公)

マーカーは覚林寺(清正公)です。

覚林寺
[覚林寺(かくりんじ)は、東京都港区白金台一丁目にある、日蓮宗の寺院。山号は最正山。加藤清正の位牌や像が祀られていることから清正公(せいしょうこう)と通称される。付近の住民からは「清正公さま」と呼ばれ、勝負祈願の寺として信仰を集めている。
この地はかつて熊本藩中屋敷の一部であった。寛永8年(1631年)、誕生寺_(鴨川市)18世可観院日延の隠居寺として開山。日延は李氏朝鮮第14代国王宣祖の長男、臨海君の子であり、文禄・慶長の役の際に清正によって日本へ連れてこられた人物であった。弘化2年(1845年)、火災により全焼。現在の山門は安政3年(1856年)に、清正公堂の拝殿・幣殿は慶応元年(1865年)に再建されたものである。江戸最初の七福神巡りとされる元祖山手七福神の一つ、毘沙門天を祀る寺でもある。  (wikipedia・清正公より)]

覚林寺資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 目黒白金辺図」(絵図中央下方向・高野寺の左に清正公覚林寺が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 麻布新堀河ヨリ品川目黒マデ絵図」(コマ番号3/7・絵図中央左方向「松平丹波守」左方向に「覚林寺」が描かれています。)

覺林寺(清正公) – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向が覚林寺(清正公)山門です。

清正公大祭時のカメラで、カメラ方向が覚林寺(清正公)清正公堂です。