郡山藩柳沢家中屋敷跡

マーカーは郡山藩柳沢家中屋敷跡です。

関連リンク – 神田御殿跡、柳沢吉保上屋敷跡大和郡山藩柳沢家上屋敷跡(東京府庁跡・樋口一葉生誕の地)郡山藩柳沢家下屋敷跡(六義園)柳沢伯爵邸跡

柳沢保興
[柳沢 保興(やなぎさわ やすおき)は、文化12年(1815年)6月17日、大和郡山藩第4代藩主柳沢保泰の長男として郡山城で生まれる。文政13年(1830年)4月11日に元服し、同年12月16日に従五位下に叙任する。天保9年(1838年)、父の死去で跡を継いだ。弘化2年(1845年)12月16日に従四位下に昇進する。
嘉永元年(1848年)8月21日、江戸幸橋邸で死去した。享年34。跡を三男の保申が継いだ。  (wikipedia・柳沢保興より)]

柳沢保申
[柳沢 保申(やなぎさわ やすのぶ)は、弘化3年(1846年)3月25日、第5代藩主柳沢保興の三男として郡山城で生まれる。嘉永元年(1848年)に父が死去したため家督を継いだ。
安政5年(1858年)12月1日、領地居城の郡山城二ノ丸付近から出火し、住居関係の建物群は全て焼失する大火にみまわれた。1861年(文久元年)に再建に着手するが、のち明治維新を迎え、1870年(明治3年)に藩は今後城の修理を行わないことを出願し、これが明治新政府に聴許された。
文久元年(1861年)5月28日、東禅寺イギリス公使館が浪士に襲撃されたとき、それを防いだ功績で時の女王ヴィクトリアに賞賛された。文久3年(1863年)の天誅組の変鎮圧でも功績を挙げている。
しかし慶応4年(1868年)の戊辰戦争では、官軍に協力して東北戦争に参加し、主に後方の輜重部隊の役割を果たしている。この頃、松平姓から元の柳沢姓に復している。明治2年(1869年)6月17日、版籍奉還により知藩事となり、明治4年(1871年)の廃藩置県で免官された。
廃藩置県以後は産業の発展、および救済に力を入れ、明治20年(1887年)には柳沢養魚研究場を設立し、金魚の研究につとめ、明治26年(1893年)には産業の発展を目的に郡山紡績会社を創立させて、資本金の10分の1を出資している。また、教育振興にも熱心で、現奈良県立郡山高等学校に多額の金品と土地を提供した。  (wikipedia・柳沢保申より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 芝高輪辺絵図(嘉永三年・1850年)」(絵図右上隅に松平時之助(柳沢保申)中屋敷が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内場末往還其外沿革圖書. [2]拾六上(弘化三年・1846年)」(コマ番号2/2・絵図右上に松平甲斐守(柳沢保興)下屋敷と描かれています。)

東京市拾五区区分全図 第十弐 芝区全図 – 特別区協議会」(地図中央・一ノ橋左下、三田小山町3-6番地が郡山藩柳沢家中屋敷跡になると思います。)

カメラ位置は一之橋東詰めで、カメラ南南東方向が郡山藩柳沢家中屋敷跡になります。