三囲神社

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    三囲神社
    [三囲神社(みめぐりじんじゃ)は、東京都墨田区向島に在る神社である。祭神は宇迦御魂之命(うがのみたまのみこと)。
    倉稲魂命=宇迦之御魂神を祀る。旧村社(現在はかつての小梅村にあたる地区にあるが、旧地は須崎村にあったと推測されている)。元、田中稲荷と称した。創立年代は不詳。伝によれば、近江国三井寺の僧源慶が当地に遍歴して来た時、小さな祠のいわれを聞き、社壇の改築をしようと掘ったところ、壺が出土した。その中に、右手に宝珠を、左手にイネを持ち、白狐に跨った老爺の神像があった。このとき、白狐がどこからともなく現れ、その神像の回りを回って死んだ。三囲の名称はここに由来するという。
    元禄6年(1693年)、旱魃の時、俳人其角が偶然、当地に来て、地元の者の哀願によって、この神に雨乞いする者に代わって、「遊(ゆ)ふた地や田を見めくりの神ならは」と一句を神前に奉ったところ、翌日、降雨を見た。このことからこの神社の名は広まり、京都の豪商三井氏が江戸に進出すると、その守護神として崇め、三越の本支店に分霊を奉祀した。
    本来は牛嶋神社の隣にあったが、洪水で一度流され、河岸に堤が築かれることになった際に南へ少し移動した。その堤のために、対岸から見ると、鳥居が堤から奇妙に頭だけ出しているように見え、浮世絵などに好んで描かれた。
    この神社の境内には、隅田川七福神のうち「恵比寿」・「大国神」が祀られている。
    木嶋神社と同様の石造りの三柱鳥居がある。この石造りの三柱鳥居は「三井邸より移す。原型は京都太秦木嶋神社にある」と境内に表示されている。
    三柱鳥居の手前には三本柱の屋根を持つ手水鉢がある。
    神社境内の狛犬のそばにライオン像がおかれている。三越百貨店の入り口に置かれているものと同じ像で、2009年に三越から奉納された。かつては池袋三越店頭に設置されていたもので、同店の閉店に伴い、神社からの申し出により、三越と強い縁を持っている事から実現した。
    三囲神社の灯ろうの火袋には三つの穴があいている。三つ穴灯篭は三郷市丹後神社にもある。
    三囲神社、丹後神社の祭神は共に宇迦御魂之命である。
    三囲神社鳥居・wikipedia-photo

    三囲神社の社殿・wikipedia-photo

    三囲神社の三柱鳥居・wikipedia-photo

    三囲神社のライオン像・wikipedia-photo

      (wikipedia・三囲神社より)]

    江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「三囲稲荷社」(19-4)、「三囲稲荷社解説・左ページ左から4行目まで」(19-2)
    三囲稲荷社(拡大図)

    絵本江戸土産 – 三囲稲荷堤より見る図(拡大図)

    歌川広重・「江戸名所の内」シリーズより 隅田堤の雨桜(ボストン美術館)

    三囲神社 – Google Map 画像リンク」、「三囲のライオン像 – Google Map 画像リンク

    カメラ北北東方向が三囲神社参道です。

    三囲神社拝殿前のカメラです。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *