新庄藩戸沢家抱屋敷跡

マーカーは新庄藩戸沢家抱屋敷跡です。

関連リンク – 新庄藩戸沢家上屋敷跡(駐日アフガニスタン大使館・駐日パナマ大使館・駐日パラオ共和国大使館)出羽新庄藩下屋敷跡(フランス大使館)

戸沢正実
[戸沢 正実(とざわ まさざね)は、天保3年(1832年)閏11月17日、出羽新庄藩第10代藩主・戸沢正令の長男として生まれる。天保14年(1843年)に父が死去したため家督を継ぐが、幼少のために、隠居していた祖父の第9代藩主・正胤の補佐を受けた。弘化3年(1846年)からは家老吉高勘解由によって藩政改革が行なわれた。
慶応4年(1868年)の戊辰戦争では、はじめ新政府軍に協力したが、庄内藩に敗れて奥羽越列藩同盟に参加して新政府軍と敵対することになった。そして一時は庄内藩と協力して新政府軍を圧倒したが、間もなく反撃に遭って新庄藩は勝手に戦線を離脱し、同盟軍敗走の一因を作った。これに激怒した庄内藩は、新庄藩を敵と見なして新庄城を攻め落とした。この時、新庄の城下町は灰燼と化し、正実らは命からがら久保田藩に落ち延びた。以後、新庄藩は新政府軍が反撃するまでの70日間、庄内藩によって占領された。
明治2年(1869年)6月2日、正実は戦線離脱によって新政府軍優位を作り出した功績を賞されて、1万5,000石を加増された。同年6月には版籍奉還により、新庄知藩事となる。そして明治4年(1871年)7月の廃藩置県によって、知藩事職を免職された。  (wikipedia・戸沢正実より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 青山渋谷絵図(嘉永六年・1853年)」[絵図四つ切左下・東北寺右下に戸沢上総介(戸沢正実)下屋敷が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内場末往還其外沿革圖書. [12]拾七下(嘉永元年・1850年)」(コマ番号2/7・絵図中央に戸澤千代鶴(戸沢正実)抱屋敷が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内場末往還其外沿革圖書. [11]拾七下」(コマ番号160/196・「元禄九年(1696)之形」の左ページに戸沢能登守(戸沢正誠)抱屋敷からコマ番号165/196・「当時(嘉永元年・1850年)之形」の戸沢千代鶴抱屋敷まで戸沢家抱屋敷が描かれています。)

東京府豊多摩郡渋谷町全図|公益財団法人特別区協議会」(地図四つ切右下・字豊分82-101,105,112が新庄藩戸沢家抱屋敷跡になると思います。)

カメラ位置は祥雲寺北裏で、カメラ北西方向が新庄藩戸沢家抱屋敷跡になります。