青山の庚申塔

マーカーは青山の庚申塔です。

青山の庚申塔
[所在地 港区南青山4-28先
港区有形文化財(歴史資料)
 青山の庚申塔     平成5年(1993)3月23日指定
 慶応元乙丑年(1865)建立のこの庚申塔は、
右 あをやま 内とうしん宿 ほりのうち
左 二十きおく□百人おく□ ぜんこうじ
と刻されているとおり、道しるべを兼ねている庚申塔で、当時この付近は草原で、道に迷う人が多かったために当地の山田、黒沢両氏によって建てられたものである。建立当時は、長谷寺方面から現在の青山通りに出るには、右へ行けば長者丸通りを経て、左(※江戸時代の北坂)へ行けば青山百人町を経て善光寺前へ出る道しかなく、この庚申塔も坂を上ってきて正面に見える方向に向いていた。60日に1度めぐってくる庚申の夜には、付近の人たちが山田氏宅に集まり、講の行事として庚申祭りを昭和の初期まで行っていた。 昭和52年(1977)1月 東京都港区教育委員会  (「東京都港区の歴史 青山の庚申塔」より)]

青山の庚申塔 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向に青山の庚申塔があります。(港区南青山 4-28と西麻布 2-17の境)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*