お茶の水

マーカーはお茶の水の碑です。

御茶ノ水
[聖堂の西比井名水にてお茶の水にもめしあげられたり
神田川掘割の時ふちになりて水際に形残る 享保十四年 江戸川拡張の後川幅を広げられし時 川の中になりて 今その形もなし
(再校 江戸砂子 より)
慶長の昔、この邊(あた)り神田山の麓(ふもと)に高林寺(こうりんじ)という禅寺があった
ある時 寺の庭より良い水がわき出るので 将軍秀忠公に差し上げたところ お茶に用いられて 大変良い水だとお褒(ほ)めの言葉を戴(いただ)いた。それから毎日この水を差し上げる様になり この寺を お茶の水高林寺 と呼ばれ、この辺(あた)りをお茶の水と云うようになった。
 其の後、茗渓(めいけい)又小赤壁(しょうせきへき)と稱(しょう)して文人墨客(ぶんじんぼっかく)が風流を楽しむ景勝の地となった。時代の変遷と共に失われ行くその風景を惜しみ心ある人たちがこの碑を建てた。
 お茶の水保勝会 坂内熊治
  高林寺    田中良彰
昭和三十二年九月九日 「お茶の水橋(おちゃのみずばし)[神田川]」より]

お茶の水石碑 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向・植え込みの中にお茶の水の碑があります。(お茶の水橋南西詰め・交番の横)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*