園部藩小出家上屋敷跡

マーカーは園部藩小出家上屋敷跡です。

園部藩小出家
[園部藩は、元和5年(1619年)12月、但馬国出石藩主であった小出吉親が新たに入部してきたことにより立藩した。所領はおよそ2万9800石ほどである。初代藩主・吉親は園部城築城や検地、城下町の建設や治水事業に励んで藩政の基礎を固めた。吉親は寛文7年(1667年)6月9日に隠居し、家督は子の小出英知が継いだ。このとき、藩領は隠居料として吉親が5000石、英知が新墾田を併せて2万5000石を継ぐこととなった。翌年3月11日に吉親が死去すると、その隠居料であった5000石は英知の弟・小出吉直と小出吉忠がそれぞれ3000石と2000石に分割して相続した。
第4代藩主・小出英貞奏者番寺社奉行若年寄を歴任し、次男の小出英治に1000石を分与している。第5代藩主・小出英持も英貞と同じくその三職を歴任し、第6代藩主・小出英常は奏者番になるなど、幕府の要職を歴任している。しかし第7代藩主・小出英筠の頃から飢饉や旱魃、洪水などの天災によって藩財政の窮乏化が表面化し、天明7年(1787年)には凶作と米価高騰などから百姓一揆が発生する。いわゆる天明の一揆であるが、これを皮切りにしてその後も火事などの災害が相次ぎ、藩内では打ちこわし強訴が相次いで発生した。このため、藩では煙草の専売制や木材の市場移出制を中心とした藩政改革を実施して効果を挙げている。
幕末期には早くから御所の警備を行なうなどして官軍側に帰順した。
園部藩参勤交代行列図(1)・wikipedia-photo、園部藩参勤交代行列図(2)・wikipedia-photo、園部藩参勤交代行列図(3)・wikipedia-photo  (wikipedia・園部藩より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 小川町駿河台元飯田町辺 : 文化五(1808)年調」[コマ番号3/4・絵図中央上御堀に上に、小出信濃守(小出英筠)が描かれています。]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 駿河台小川町絵図(嘉永三年・1850年)」(絵図中央上御堀下に小出信濃守(小出英教)上屋敷が描かれています。

カメラ位置は雉子橋通り・一ツ橋2丁目交差点で、カメラ北西方向さくら通りまでの一画が園部藩小出家上屋敷跡になります。