山口直毅屋敷跡

マーカーは山口直毅屋敷跡です。

山口直毅
[山口 直毅(やまぐち なおき、天保元年9月25日(1830年11月10日) - 明治28年(1895年)12月10日)は、幕末旗本、明治時代の官吏、漢詩人。槍奉行林内蔵頭元賓(帰山)の子として江戸に生まれた。母は武川讃岐守恒前の娘。山口勘兵衛直養(なおかい、家禄2500石)の養子。通称は五郎次郎、別名は直亮。官途は従五位下信濃守、駿河守。号は泉処、夬堂。
昌平黌出身。学問吟味及第。安政3年(1856年)12月甲府の徽典館の学頭となる。翌年山口直養の養子となる。安政5年(1858年)学問所教授方となる。万延元年(1860年)12月目付となる。文久2年(1862年)閏8月目付となり、9月徳川慶喜の上洛に従う。文久3年(1863年)講武所奉行並騎兵奉行兼帯。慶応元年(1865年)11月に江戸南町奉行外国奉行となり、慶応2年8月に歩兵奉行となる。慶応3年(1867年)6月、外国奉行兼陸軍奉行となる。慶応4年(1868年)1月鳥羽・伏見の戦いでは将軍慶喜に付き従い開陽丸で江戸に帰還した。1月23日若年寄格外国事務総裁となるが、4月14日幕府瓦解で免職となる。維新後は新政府の神祇院に勤務した。同じ幕臣だった向山黄村を盟主とする詩会「晩翠吟社」にて漢詩の詩作に勤しむ。明治28年に66歳で没した。著書に日記『山口直毅日簿』、詩集『江戸年中行事詩』がある。墓所は東京都文京区の蓮光寺。  (wikipedia・山口直毅より)]

資料リンク
国際日本文化研究センター – 飯田町駿河臺小川町繪圖(安政7年・1860年改正)」(絵図中央右方向・堀留の左下に「山口勘兵エ」と描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 小川町駿河台元飯田町辺 : 文化五(1808)年調」(コマ番号3/4・絵図中央上方向、堀留の左上に「山口勝之助」と描かれています。)

カメラ位置位置付近に山口直毅屋敷があったようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*