光源寺

マーカーは光源寺です。

光源寺
[浄土宗。遂蓮社本誉道公が開山、仙石権兵衛後任越前守(法名円覚院殿前越前太守空誉道樹大居士)が開基となり、天正17年(1589年)神田四軒町に創建、慶安元年(1648年)現在地へ移転したといいます。丸屋宗閑俗名吉兵衛の寄進により建立された観音堂の駒込大観音は、大和国長谷寺の観音の写しといい、江戸名所図会にも掲載されている著名な観音像でしたが、太平洋戦争で被災、平成5年に再建されました。  (「猫のあしあと」より)]

[天正17年(1589)に神田に創建され、慶安元年(1648)に現在地に移転した。境内には元禄10年(1697)造立の御丈約8mの十一面観音像があり、惜しくも東京大空襲で焼失したが、平成5年に御丈6m余の御像として再建。毎年7月9日と10日には「四万六千日(しまんろくせんにち)」の縁日が開かれる。  (文京区ホームページより)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 駒込絵図」(絵図四つ切の右上、大田摂津守下屋敷左に清林寺大観音が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 府内場末其外往還沿革図書. [35]貮拾壹亨」(コマ番号3/7・絵図中央左高林寺の左下に光源寺と記述されています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 武州豊島郡駒込村絵図(写し)」(コマ番号3/3・絵図四つ切左上、大田摂津守下屋敷左に光源寺が描かれています。光源寺前の道が団子坂とおりになります。)

江戸名所図会」(駒込大観音

江戸名所圖會. 卷之1-7 / 齋藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 畫圖」・「駒込大観音」(15-7)、「大観音解説-1・左ページ左から2行目より」(15-4)、「大観音解説-2・左ページ1行目まで」(15-6)

光源寺(駒込大観音) – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向が光源寺山門です。

光源寺境内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*