駒込土物店跡

マーカーは駒込土物店跡碑です。

駒込土物店跡
[江戸時代神田千住と並び3大青果市場といわれた。起源は元和年間(1615~1624)といわれる。当初は近隣の農民が野菜を担いで江戸に出る途中、この地で休むのが毎朝の例となり、付近の住民が新鮮な野菜を求めたのが起こり。また、近くの富士神社の裏手は駒込ナスの生産地として有名であり、大根、にんじん、ごぼうなどの土のついたままの野菜(土物)が取り引きされた。現在駒込土物店縁起の碑がある。(天栄寺境内)   (「文京区ホームページ」より)]

[駒込土物店(やっちゃば)
 旧駒込浅嘉町(現 本駒込3丁目)・高林寺門前・天栄寺門前にまたがる青物市場で、昭和12年豊島区に移転して、豊島青果市場となりました。江戸時代の初め、江戸市中に野菜を売りにいく農民が町外れの天栄寺門前で野菜を売ったのが「やっちゃば」の起こりといわれています。やがて、門前の辻を中心に青物問屋が建ち並び「駒込のやっちゃば」、或いは、大根・人参・ごぼうなどの土つきの野菜を多く扱ったので「駒込土物店」ともいわれました。  (「文京ふるさと歴史館 2階テーマ展示 – 文京区」より)]

Google Earthで街並散歩(江戸編) – 文京ふるさと歴史館

駒込土物店跡(こまごめつちものだなあと) | TRY タウンガイド “文京風

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 駒込絵図」(絵図中央上方向・土井大炊頭(古河藩)下屋敷の右上方向に此辺土物店ト云と記述されています。)

カメラ位置は天栄寺山門前で、カメラ北西方向に駒込土物店跡の碑が設置してあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*