旗本松平左金吾屋敷跡(中国大使館)

マーカーは旗本松平左金吾屋敷跡(中国大使館)です。

旗本松平左金吾(松平定朝)
[松平 定朝(まつだいら さだとも、安永3年(1773年) – 安政3年7月8日(1856年8月8日))は、江戸幕府旗本で、花菖蒲の育種家。松平定勝の四男定実の流れを組む松平織部家6代目松平定寅(松平織部)の長男。母は岡氏(照光院)。通称、左金吾。従五位下、伊勢守。晩年に菖翁と号する。室は伊沢方守(伊沢内記)の娘の瑞光院。
寛政8年(1796年)父が没した為、安房国朝夷郡長狭郡内2,000石を相続し、小普請となり、享和2年(1802年)、書院番より、中奥番となる。文化14年(1817年)、西丸目付に昇進し、文政5年(1822年)、禁裏附となり京に赴く。この時、江戸で行っていた花菖蒲の栽培を京でも続け、仁孝天皇へも献上した。文政10年(1822年)8月9日、京都西町奉行となる。天保6年(1835年)5月20日、小普請組支配となり江戸に戻り、翌年職を辞す。子の松平定央に家督を譲り隠居する。
安政3年(1856年)、84歳で没する。
父の影響で幼い時より花を好み様々な草花を栽培し、なかでも花菖蒲は、江戸麻布桜田町(現在の港区元麻布、中国大使館付近)の屋敷で晩年まで実に60年もの間、改良に取り組んだ。自作の品種は基本的に晩年まで門外不出としていた。父の代から改良を続けた花菖蒲が軽々しく露天などで売られることを嫌っていた為であるが、定朝の品種は評判となり、邸宅に多くの人が押しかけて門前で市が開かれるようになり、そして、請われるまま花菖蒲を分け与えた。自作の品種は生涯に300品種弱を数え、その中でも彼自身が絶賛してやまなかったのは「宇宙」という品種である。弘化2年(1845年)、自作の品種の栽培方法などを「花鏡」(のちに「花菖培養録」と改題)に著した。  (wikipedia・松平定朝より)]

[桜田町(麻布桜田町)は、かつて東京麻布にあった町である。
桜田町は麻布の高台にあった町であり、現在の住所で東京都港区元麻布3丁目、西麻布3丁目、六本木6丁目のそれぞれ一部が含まれる。その町域は、現在の在日中華人民共和国大使館(中国大使館)のあたりから、大地の尾根沿いを北に向かう通称「テレ朝通り」に沿った町域は、現在の六本木ヒルズ六本木さくら坂の坂上、グランドハイアット東京の脇を通って、現在の六本木通り・六本木六丁目交差点の手前付近まで至るものであった。
町名は1907年(明治40年)から1947年(昭和22年)までの期間を除いては、「麻布桜田町」という町名であった。桜田町では1922年(大正11年)、3,300坪に及ぶ住宅地が箱根土地国土計画の前身)によって開発・分譲されている。
江戸時代、桜田町には旗本・松平定朝の屋敷や、剣客・辻月丹が参禅した吸江寺などがあった。
現在の元麻布3丁目にある中国大使館の敷地は広大なものであるが、ここは大東亜戦争以前、満州国の大使館であった。  (wikipedia・桜田町より)]

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 麻布絵図(嘉永四・1852年」(絵図中央下付近に松平左金吾が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 芝金杉より麻布白金御殿跡辺絵図 : 寛保延享之頃(1741年 – 1748年)」(コマ番号3/7・絵図中央下「内田主殿頭」左下に「松平長門守」と描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 府内場末其外往還沿革図書. [10]拾七中(嘉永元・1848年)」(コマ番号5/5・絵図右上に松平左金吾と描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内場末往還其外沿革圖書. [9]拾七中(嘉永元・1848年)」[コマ番号38-51/189・延宝年中(1673年-1681年)之形から当時之形までの右ページ、内田出羽守右に松平織部、左金吾抱屋敷が描かれています。]

国際日本文化研究センター – (内題)東京府武蔵国麻布区桜田町広尾町及南豊嶋郡下渋谷村近傍(五千分一東京図測量原図のうち)(明治16・1883年)」(地図中央右方向・正光院と長源寺の間、柳原邸が旗本松平左金吾屋敷跡になります。)

東京都立図書館アーカイブ – 東京市麻布区(出版年-1911.8)」(地図中央左・文字「東京都立図書館」の「京」のエリアに「櫻田」と記述されています。88番40-42が旗本松平左金吾屋敷跡で現在の中国大使館と思われます。)

カメラ東北東方向が旗本松平左金吾屋敷跡(中国大使館)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*