牛坂・笄橋跡

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    牛坂・笄橋跡
    [牛坂(うしざか、牛鳴坂、うしなきざか)は、若葉会幼稚園の前面を通る急峻な坂道である。坂は外苑西通りの裏路地である西麻布四丁目10番と11番の間に始まり、若葉会幼稚園の前を通って高樹町の高台方面まで西に登っている。
    牛坂の坂下の小さな十字路付近には、かつて笄川(こうがいがわ)が流れ、橋梁「笄橋(こうがいばし)」があった。坂下の川は竜川(広尾川)とも呼ばれた。牛坂は源経基や白金長者の伝説もあるこの笄橋に下る古道で、牛車が往来したことからこの名が付いたと考えられている。また「牛坂」は略称であり、本来の名称「牛鳴坂」は、坂が険しく悪路であったために、荷牛が難渋していたことを現しているとも言われる。
    この坂については『府内場末往還其他沿革図書』の天保度の図では、御太刀坂の北に並んで、笄橋西詰より旗本士邸の間を通る坂を「ウシザカ」と記載しているが、1942年(昭和17年)に編まれた地誌 『麻布区史』では牛坂について、「牛坂 ― 132番地先の坂」とだけ記している。
    牛坂・wikipedia-photo  (wikipedia・若葉会幼稚園 – 牛坂より)]

    [「笄町」の名称は、町域を流れる笄川にかかっていた笄橋が町名の由来であるが、その笄橋は牛坂及び富士見坂(大横丁坂)の坂下に係っていた。橋は武蔵野の要路にあって古くからよく知られていたが、大正時代末期に川が暗渠とされたことで消滅した。明治時代後期に出版された地誌 『新撰東京名所図会』は笄橋について、「笄橋はむかしより其の名高けれども、実地に就て検するに笄川と称する一溝渠に架する小板橋なり。長凡そ二間、幅三間に過ぎず。もとは欄干もなかりしが、今は之を附したり。現在のものは明治33年12月の落成に係る」と記している。  (wikipedia・笄町より)]

    「資料館だより」第70号(平成24年10月1日発行)PDFダウンロード2MB – 港区名所案内 笄橋

    国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 麻布絵図」(絵図中央下・笄川下にコウカイハシと描かれています。)

    「国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 青山渋谷絵図」(絵図下中央に長谷寺が描かれています。長谷寺の右下の流れは笄川で、長谷寺の左の道が笄坂で、その下並行する道が牛坂になります。)

    国立国会図書館デジタルコレクション – 府内場末其外往還沿革図書. [10]拾七中」(コマ5/5番号・絵図左下に笄橋が描かれています。)

    国際日本文化研究センター – (内題)東京府武蔵国麻布区桜田町広尾町及南豊嶋郡下渋谷村近傍(五千分一東京図測量原図のうち)(明治16・1883年)」(地図中央上方向・谷の左、笄川に笄橋が、その左に牛坂が描かれています。)

    カメラ位置は牛坂坂下でカメラ西方向左に牛坂の標柱があります。カメラ南、北方向に笄川が流れ、カメラ前に笄橋が架かっていたようです。

    カメラ位置は牛坂上でカメラ東方向右に牛坂の標柱があります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *