嵐山花灯路

嵐山花灯路の「Google Earth で街並散歩(日本編)」で取り上げたエリアポイントをまとめてみました。

[京都・嵐山花灯路は、12月中旬に京都嵯峨野嵐山周辺地区に約2500基の行灯を点し、夜の散策を楽しむ趣向の2005年(平成17年)12月から始められた「灯り」をテーマとする観光イベントである。主催は京都・花灯路推進協議会。
嵐山から嵯峨一帯にかけて広がる歴史的、文化的景観を活かし多数の路地行灯や生け花の花をあしらうことで華やぎと陰翳を付与、日本情緒を演出することで京都の夜の新たな風物詩となることを目指し、冬季の観光客を呼び込むべく始められた観光イベントである。道の総延長距離は約5km。主催者の目指すテーマは「思わず歩きたくなる路」。
京都の夜の新たな風物詩を創出すべく地元観光業界が、2003年(平成15年)3月より東山地域において、「灯り」をテーマとする新たな観光事業『京都・嵐山花灯路』を始めた。2005年(平成17年)12月からは当嵯峨・嵐山地域においても実施されるようになる。6年目の2011年にして来場者が100万人を突破し、102万1000万人となった。なお、例年100万人以上の人出でにぎわっていた東山花灯路は2011年には開催前日の同年3月11日に発生した東日本大震災のために3月14日を持って早期終了し「京都・東山祈りの灯り」と名称変更し63万4000人を集客し義援金5139823円を集めた。
開催区域
エリアは南は阪急嵐山駅を基点に法輪寺、渡月橋周辺、嵯峨嵐山文華館(旧時雨殿)、宝厳寺、美空ひばり座、天竜寺、JR嵯峨嵐山駅、野宮神社、北は大河内山荘、常寂光寺、落柿舎、二尊院までである。
嵐山花灯路 二尊院の参道の行灯・wikipedia-photo、二尊院山門前にあしらわれたいけばな・wikipedia-photo、期間中のみライトアップされ夜間拝観が行われる二尊院のもみじと月・wikipedia-photo、ライトアップされた渡月橋・wikipedia-photo、落柿舎前・wikipedia-photo、二尊院参道 ・wikipedia-photo、京都伝統工芸「手技の実演」(二尊院)・wikipedia-photo、ライトアップされた嵯峨野のすすき・wikipedia-photo、小路を照らす灯籠・wikipedia-photo  (wikipedia・京都・嵐山花灯路より)]

下地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックすると、上地図がそのマーカーポイントにズームし、下地図にマーカーポイントの吹き出しが表示されます。吹き出しにはマーカーポイントの案内ページのリンクが設定されています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *