三善清行邸跡

マーカーは三善清行邸跡碑です。

三善清行
[三善 清行(みよし きよゆき/きよつら、承和14年(847年) – 延喜18年12月7日(919年1月16日)あるいは延喜18年12月6日(919年1月15日)は平安時代中期の漢学者。は三耀、別名 善相公。淡路国国司三善氏吉の三男。官位は従四位上参議。贈正二位。正義感に溢れた経世家で権威に屈せず、そのために官位が停滞したと言われている。
巨勢文雄に師事。大学寮に入って紀伝道を修め、27歳で文章生、翌年には文章得業生となり、37歳で方略式に合格。清行は一度官吏の登用試験に落ちたが、この時の試験官が菅原道真で、後にことあるごとに道真と対立する。また紀長谷雄等代々の文章博士との激しい論争でも知られる。
仁和3年(887年)大内記に任ぜられ、翌年の阿衡事件(阿衡の紛議)に際しては藤原佐世・紀長谷雄とともに所見を述べ、橘広相の説を退けた。寛平5年(893年)より備中介。昌泰3年(900年)文章博士、翌年大学頭となった、そのころ藤原時平と対立し朝廷内で孤立を深めつつあった菅原道真に対して書簡を呈して引退を勧告したが、道真は長年の確執からこれを退けてしまう。やがて清行の危惧はあたり昌泰の変で道真は大宰権帥に左遷されてしまった。なお、この時清行は時平に対して、道真の関係者全てを連座の対象とすると、道真の祖父菅原清公以来の門人が全て処罰の対象となり朝廷が機能停止に陥る事を指摘し、処分を道真の親族と宇多上皇の側近のみに留めたことや、清行が道真の嫡男菅原高視の失脚で後任の大学頭に就いたことから、清行の政変への関与も指摘されている。
陰陽天文に明るく、昌泰4年(901年)は讖緯説による辛酉革命の年に当たると指摘、「延喜」と改元することを提唱して革命勘文・辛酉改元の端緒を開く。『延喜格式』の編纂に参加。文章博士・大学頭・式部大輔の三儒職を兼任。延喜14年(914年)、朝廷の求めに応じて『意見封事十二箇条』を上奏した後、71歳で参議に昇り、宮内卿を兼ねた。
主著に『円珍和尚伝』『藤原保則伝』『意見封事十二ヶ条』など。漢詩文に優れる。奇談を集めた『善家秘記』がある。  (wikipedia-三善清行より)]

カメラ東方向に三善清行邸跡の碑があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*