西方寺(舟形万灯籠)

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    西方寺
    [西方寺(さいほうじ)は、京都府京都市北区にある浄土宗の寺院。山号は来迎山。本尊阿弥陀如来。開基(創立者)は円仁六斎念仏の寺として知られている。承和年間(834年~848年)に円仁(慈覚大師)による創建と伝えられる。五山送り火のうち「船形万燈籠」を灯す。  (wikipedia・西方寺_(京都市北区)より)]

    舟形万灯籠
    [●所在地:京都市北区西賀茂船山(にしがもふねやま)
    ●山名:船山(ふなやま)。万灯籠山・西賀茂山とも呼ばれる。
    ●火床:79か所
    ●大きさ:縦約130m、横約200m
    ●保存会:西方寺の(元)檀家による世襲。
    船の形は、承和14年(847年)、唐からの帰路に暴風雨にあった、西方寺の開祖・慈覚大師円仁が「南無阿弥陀仏」と名号を唱えたところ無事到着できたという故事にちなむという。
    舟形万灯籠・wikipedia-photo、送り火当日の舟形万灯籠(2012年)・wikipedia-photo  (wikipedia・五山送り火より)]

    [8月16日夜9時、西方寺。他の六斎念仏が芸能化したのに比べて六斎古来の姿を残している。今から660年前、住職の道空法如上人が始めた。市バス神光院前500メートル。問合先:西方寺 075-492-5889  (「京都観光Navi:西方寺六斎念仏」より)]

    拾遺都名所図会」・「巻之一 平安城 魂まつり (魂祭)

    西方寺 – Google Map 画像リンク

    カメラ北西方向が西方寺山門です。

    「平26.8.16(土)西方寺六斎念仏(京都市北区)平成26年8月16日(土)」

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *