龍安寺

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    龍安寺の子ページリンク
    龍安寺(総門)龍安寺(参道)龍安寺(山門)龍安寺(鏡容池)

    龍安寺
    [龍安寺(りょうあんじ)は、京都府京都市右京区にある臨済宗妙心寺派の寺院。石庭で知られる。山号を大雲山と称する。本尊釈迦如来、開基(創立者)は細川勝元、開山(初代住職)は義天玄承である。「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。
    「龍安寺の石庭」として知られる枯山水方丈石庭で有名な龍安寺は、禅宗が盛んだった室町幕府管領守護大名で、応仁の乱の東軍総帥でもあった細川勝元宝徳 2 年( 1450 年)に創建した禅寺である。衣笠山山麓に位置する龍安寺の所在地は、藤原北家の流れを汲む徳大寺実能以来、徳大寺家の山荘であったところを、細川勝元が譲り受けたものである。初代住職として妙心寺5世住持の義天玄承(玄詔)を迎えた。龍安寺の開山は実質的にはこの義天玄承とされているが、義天自身は 2 世に退き、自分の師の日峰宗舜を開山に立てている。創建当初の寺地は現在よりはるかに広く、京福電気鉄道の線路の辺りまでが境内であったという。龍安寺は、開基細川勝元自身が一方の当事者であった応仁の乱(1467-1477年)で焼失。勝元の子の細川政元と、 4 世住持・特芳禅傑によって長享 2 年( 1488 年)に再興された。寺では特芳を中興開山と称している。その後、豊臣秀吉江戸幕府寺領を寄付して保護している。近世の地誌類によれば、最盛期の龍安寺には塔頭(たっちゅう、子院)が 21 か寺、軒を連ねていたという(現存するものは 3 か寺)。『都名所図会』のような絵入りの名所案内書(現代の旅行ガイドブックに相当)を見ると、当時、龍安寺の池はオシドリの名所として知られており、今日有名な石庭よりもむしろ、池を中心とした池泉回遊式庭園の方が著名であったらしい。寛政 9 年( 1797 年)の火災で仏殿など主要伽藍を焼失したため、塔頭の 1 つである西源院の方丈を移築して龍安寺の方丈(本堂)とした。
    重要文化財
    ●方丈 – 慶長 11 年( 1606 年)建立の旧西源院方丈。重要文化財指定名称は「竜安寺本堂 附 玄関」。
    ●太平記12冊(重要文化財) – 『太平記』の古写本の代表的なもの。徳川光圀が本書を借用したことでも知られる。 1929 年に火災に遭い、全 13 冊のうちの 1 冊を焼失。残りの 12 冊も焼損痕が残っている。
    史跡・特別名勝・名勝
    ●龍安寺庭園(国の名勝) – 鏡容池を中心とする庭園。
    ●龍安寺方丈庭園(国の史跡及び特別名勝) – いわゆる「龍安寺の石庭」。解説は既出。
    その他
    ●知足の蹲踞(つくばい) – 茶室蔵六庵の露地にある。蹲踞は茶室に入る前に手や口を清めるための手水を張っておく石のこと。ここの蹲踞には「吾唯知足」(われ、ただ足るを知る)の4字が刻まれているが、その意味合いから石庭の石が「一度に 14 個しか見ることができない」ことを「不満に思わず満足する心を持ちなさい」という戒めでもあるといわれる。また水を溜めておくための中央の四角い穴が「吾唯知足」の 4 つの漢字の「へん」や「つくり」の「口」として共有されているのが見どころであり、そのため一見「五・隹・疋・矢」と読める。水戸光圀の寄進と伝承されているが、一般拝観者が見ることのできるものは複製である。
    襖絵(ふすま絵)の帰還
    襖絵(群仙図)
    明治の廃仏毀釈により財政難に陥り、 1895 年に手放すこととなった襖絵のうち 6 面が 2010 年 10 月に当寺に戻る事となった。東本願寺に売却後、個人の手に渡るなどして散逸したもので、一部は現在も米国シアトル美術館が所蔵している。今回戻る事となった襖絵は、狩野派の絵師である狩野孝信の作と言われる「群仙図」 20 面のうち 4 面と「琴棋書画図」 20 面のうち 2 面で、米国のオークションに出品された物であるが、落札者が匿名で龍安寺に寄贈した。この襖絵は 2010 年 12 月から 2011 年 3 月まで一般公開される事となった。
    方丈庭園(石庭)・wikipedia-photo、石庭・wikipedia-photo、知足の蹲踞・wikipedia-photo、襖絵(群仙図)・wikipedia-photo  (wikipedia・龍安寺より)]

    グーグル・アート・プロジェクト – World Wonders – 「古都京都の文化財:龍安寺

    龍安寺公式ホームページ」 – 「大雲山 龍安寺|Ryoanji|境内のご案内

    龍安寺 桜

    龍安寺 庫裡 – Google Map 画像リンク」「龍安寺 – Google Map 画像リンク」「方丈庭園 (石庭) – Google Map 画像リンク」「仏殿 – Google Map 画像リンク」「龍安寺 護持部 – Google Map 画像リンク」「龍安寺知足の蹲踞 – Google Map 画像リンク」「納骨堂 – Google Map 画像リンク」「パゴダ – Google Map 画像リンク

    カメラ北方向が龍安寺庫裏です。

    龍安寺庫裏前の竜安寺内ストリートビューです。

    勅使門前のカメラです。

    カメラ位置は龍安寺勅使門玄関・石庭前の廊下です。

    龍安寺石庭前の廊下のストリートビューです。

    納骨堂・パゴダ前のカメラです。

    龍安寺資料リンク
    都名所図会」・「巻之六 後玄武再刻 龍安寺」、「巻之六 後玄武再刻 大雲山龍安寺 (龍安寺)解説

    都林泉名勝図会」・「巻之四 龍安寺」、「巻之四 龍安寺解説

    都名所画譜」・「巻之上 龍安寺

    国立国会図書館デジタル化資料 – 浪花百景付都名所」 – 「都名所之内 竜安寺雪曙

    佛教大学図書館所蔵・貴重書等のデジタルアーカイブ集」 – 「一般公開コレクション – 都名所百景 – 洛西龍安寺」、「一般公開コレクション – 都名所百景 – 花洛細見圖(15)」[9/12が龍安寺の細見圖です。画像右上の「翻刻」ボタンをクリックすると原文、解説が表示されます。]

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *