三寳寺

マーカーは三寳寺です。

三寳寺
[当山は寛永5年(1628年)右大臣菊帝(今出川)経季郷と中納言今城(冷泉)為尚郷が後水尾天皇の御内旨を受け中正院日護上人を御開山に迎え建立された中本山で「金映山妙護国院三寳寺」の号は後水尾天皇より賜ったと伝えられています。
爾来、大いに栄え塔頭寺院は十二ヶ寺を数え、開山日護上人、二祖日英上人、三祖日逞上人の学徳を慕って笈を負いに来る者、また文人雅客の杖をひく者数多くありました。 特に茶道宗偏流の流祖山田宗偏(1627~1708)は若年の時、東谷の塔頭「凉池院」に住し茶室「四方庵」にて茶道に専念しついにその奥義を究めました。後年彼は江戸に入り赤穂義士大高源吾に吉良邸の茶会の日を教え討ち入りを助けたことで有名です。
現在その「四方庵」旧跡には十世山田宗偏家元によって記念碑が建てられています。
幕末維新の変動と堂上貴紳の東上等により一時衰微荒廃をみましたが、昭和天皇の即位式の建物を下賜せられ本堂とし、又妙見堂改築、大黒堂再建をはたし寺観を整え現在に至っています。
境内には宝暦年間に京都御所菊亭家邸内より根分け移植された名桜「御車返しの桜」があります。
名のとおり余りの美しさに帝が車を返したと言われる名桜で毎年美しい花を咲かせ見る人の心を豊かにさせてくれています。この「御車返しの桜」は市民に親しまれ後世に残す価値ある樹木として平成16年京都市より「保存樹」として指定されました。又枝垂れ桜は円山公園枝垂れ桜と姉妹の名桜です。
境内の中心にある楊梅(やまもも)は樹齢七百年の古木で「御車返しの桜」と共に平成9年に京都府より「府民の木」に認定、親しまれています。  (「三寳寺ホームページ – 寺歴(当山の歴史)」より)]

[御会式(おえしき)は日蓮大聖人を偲び讃える報恩法要で、日蓮大聖人、日朗上人、日像上人の御真骨(日蓮宗宗宝)を御開帳して毎年12月の第一日曜日に行われます。
京豆腐有名店の油揚げと一緒に大釜で何時間も焚かれた熱々の「大根焚き」は美味しさの結晶。
当山の「大根焚き」は日蓮宗秘法であるご祈祷を修しております。
香り豊かな「ゆず御飯」は大聖人が冷えたお身体を温める良薬として「ゆず」を珍重された故事によるものです。
この「ゆず御飯」は当山のオリジナル品で他所には無く、皆様よりご好評をいただいております
接客時間 午前10時より午後3時
(御会式法要 午前11時厳修)
大根焚き 700円
ゆず御飯 800円
※当日は「福王子交差点」付近より無料送迎バスが運行されます。  (「三寳寺ホームページ – 厄落としの大根焚き 御会式」より)]

御所から移した桜も美しい!1度は行ってみたい京都の「三宝寺 … 」、「厄落としの大根焚き@三寳寺(さんぽうじ) – なのにオイラは京都

三寶寺 – Google Map 画像リンク」、「三寳寺 大黒堂 – Google Map 画像リンク」、「三寶寺妙見宮 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が三宝寺山門です。

カメラ北方向が三宝寺庫裏です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*