了徳寺(大根焚寺)

マーカーは了徳寺(大根焚寺)です。

了徳寺(大根焚寺)
[法輪山 了徳寺(ほうりんざん りょうとくじ)は、京都市右京区鳴滝にある真宗大谷派の寺。通称、大根焚寺。
毎年、12月9日10日の大根焚きの行事で知られる。その由縁は、鎌倉時代建長4年(1252年)、親鸞愛宕山中の月輪寺よりの帰途、鳴滝で説法をし、それに感銘を受けた里人が、他に何ももてなすものがないので、塩炊きの大根を馳走した。それに応えて、親鸞はすすきの穂を束にして筆代わりとし、「歸命盡十方無礙光如來」の十字名号を書いて、その礼とした。この故事に因んで行なわれる報恩講の通称が、大根焚きである。寺の前庭には「すすき塚」がある。
山門・wikipedia-photo、大根焚・wikipedia-photo  (wikipedia・了徳寺より)]

京都鳴滝 了徳寺の大根焚き

了徳寺 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が了徳寺山門です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*