二尊院

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    二尊院
    [二尊院(にそんいん)は、京都市右京区嵯峨野にある天台宗の寺院。山号は小倉山。詳しくは、小倉山二尊教院華台寺という。二尊院の名は、本尊の「発遣の釈迦」と「来迎の阿弥陀」の二如来像による。総門を入った「紅葉の馬場」と呼ばれる参道は、紅葉の名所として知られる。また、奥には、百人一首ゆかりの、藤原定家の時雨亭跡とされる場所がある。平安時代初期の承和年中(834年 – 847年)、嵯峨天皇により円仁(慈覚大師)が建立したと伝える。以後、荒廃するが、鎌倉時代初期、法然の高弟である湛空らにより再興される。応仁の乱により堂塔伽藍が全焼するが、本堂と唐門が約30年後の永正18年(1521年)に三条西実隆によって再建された。
    伽藍
    ●本堂 – 永正18年(1521年)、三条西実隆によって再建。(wikipedia-photowikipedia-photo
    ●勅使門(唐門) – 永正18年(1521年)、三条西実隆によって再建。(wikipedia-photo)
    ●総門 – 伏見城の薬医門を移築したものとされる(wikipedia-photo)
    ●八社ノ宮 – 室町時代建立(wikipedia-photo)
    ●弁財天堂(wikipedia-photo)
    鐘楼
    境内には公家の二条家三条家四条家三条西家鷹司家の墓地のほか、伊藤仁斎伊藤東涯父子、角倉了以角倉素庵父子の墓などがある。また境内奥には土御門天皇後嵯峨天皇亀山天皇の分骨を安置する三帝陵がある。  (wikipedia・二尊院より)]

    除夜の鐘 常寂光寺・二尊院・大覚寺 | 京都旅屋 ~気象予報士の

    二尊院 – Google Map 画像リンク」、「二尊院本堂 – Google Map 画像リンク

    二尊院資料リンク
    都名所図会」・巻之四 右白虎再刻 二尊院巻之四 右白虎再刻 小倉山二尊院 (二尊院・一枚目)解説巻之四 右白虎再刻 小倉山二尊院 (二尊院・二枚目)解説

    二尊院総門前のストリートビューです。

    二尊院受付前のストリートビューです。

    「紅葉の馬場」と呼ばれる参道上のストリートビューです。

    勅使門(唐門)前のストリートビューです。

    二尊院本堂前のストリートビューです。