兼好法師旧跡

マーカーは兼好法師旧跡碑です。

兼好法師旧跡
[吉田神社神職の家に生まれた卜部(吉田)兼好(1283?~1350?)は,朝廷に出仕していたが27歳で出家遁世し,晩年,仁和寺近辺(双ヶ丘二ノ丘西麓)に草庵を結んだ。そのため著書『徒然草』には,たびたび仁和寺が登場する。この石標はその庵跡を示すものである。なお,石標が建つ長泉寺境内には兼好の墓があるが,双ヶ丘二ノ丘西麓辺りあったものが江戸時代,この地に移されたと伝えられる。
所在地 右京区御室岡ノ裾町(長泉寺前)
位置座標 北緯35度01分25.4秒/東経135度42分56.6秒(世界測地系)
建立年 1893年
建立者 伊藤吉祐
寸 法 高97×幅23×奥行19cm
碑 文
[東]
兼好法師旧跡
[西]
明治廿六年二月 伊藤吉祐
[北]
長泉寺
調 査 2002年3月7日  (「UK025 兼好法師旧跡 – 京都市」より)]

カメラ西南西方向が長泉寺山門で、山門前に兼好法師旧跡碑があります。