南芳院

マーカーは南芳院です。

南芳院(なんほういん)
[明治までは現在の松巌寺の位置にあったが、明治3年(1870)に廃絶され、近年再興される。禅僧のヘンリ・ミトワ氏が留護する塔頭としても知られている。何度かテレビでお見かけしたことがあったが、つい最近お亡くなりになったことを知った。  (「 2012/07/・天龍寺 塔頭:徘徊の記憶 – BIGLOBEウェブリブログ」より)]

2011.09.07ヘンリーミトワ氏の映画化 | 柳居子徒然 – 楽天ブログ

「ヘンリ・ミトワ氏(天竜寺南芳院僧侶)1日、呼吸不全のため死去、93歳。横浜市出身。葬儀・告別式は近親者らで済ませた。  (「2012年・はてなブックマーク – 東京新聞:ヘンリ・ミトワ氏 天竜寺南芳院僧侶:おくやみ

京都の禅僧、ヘンリ・ミトワの一代記を描く 中村高寛監督最新作『禅と骨』本予告(2017/06/)」

カメラ北北西方向が南芳院山門です。