印空寺

マーカーは印空寺です。

印空寺
[印空寺 (いんくうじ) 山号:月江山  西山浄土宗 本尊阿弥陀如来
印空上人が仁和寺門跡(仁和寺門跡:代々皇室)寛隆法親王より寺領を賜り、元禄元年(1688)建立されました。近代、神仏分離令(1868)後の廃仏毀釈により、荒廃の時期を経て、昭和50年(1975)ごろから徐々に復興。
平成3年(1991)に本堂、山門、庫裡の全てを一新、北山杉、桜、梅、幣辛夷(しでこぶし)、紅葉などが植えられました。  (「印空寺 桜と葉書(はがき)の木: 京都を歩くアルバム 」より)]

印空寺のタラヨウ
[樹齢300年とも言われている大木で,現在においても,よく生長している樹木です。タラヨウの葉は大きく肉厚があります。平安の頃,この葉に文字を書いて相手に伝えたと言われ,現在の「葉書」の語源となっています。  (「京都市:印空寺のタラヨウ」より)]

[印空寺というのは京都の方でもご存知ない方が多いかも知れませんが、「広沢の池」の東に有る寺院です。
このお寺の鐘は澄みきった鐘の音として、知る人ぞ知る、良い音色の鐘です。どなたでも鐘をつけることになっています。108回とも限っていません。  (「美しい音色 京都印空寺 除夜の鐘 : アイラブ アップル」より)]

了海上人遺跡
[了海(1663~1719)は武蔵国出身の浄土宗の僧。江戸小石川伝通院や芝増上寺で修行し,のち上洛して紫野光念教寺や印空寺に住した。京都や大坂で日蓮攻撃の説法を行い,施米をして人々を救済したと伝えられている。了海の墓は印空寺墓地にある。この石標は了海が住した印空寺を示すものである。
所在地 右京区山越西町(印空寺前)
位置座標 北緯35度01分35.8秒/東経135度41分40.9秒(世界測地系)
建立年
建立者
寸 法 高94×幅18×奥行18cm
碑 文
[南]
了海上人遺跡
[西]
りやうかい上人御いせき
調 査 2002年2月26日
備 考 本石標は門の東側に立ち西側にも同じ型の石標がある  (「UK031 了海上人遺跡 – 京都市」より)]

旧御室御所茶所
[御室仁和寺(御室御所)門跡が外出する際,この地にある印空寺の前身,印空庵という庵を休憩所として利用したと伝えられている。この石標はその跡を示すものである。
所在地 右京区山越西町(印空寺前)
位置座標 北緯35度01分35.8秒/東経135度41分41.0秒(世界測地系)
建立年 1965年
建立者 瑞元
寸 法 高100×幅21×奥行17cm
碑 文
[南]
旧御室御所茶所
[東]
昭和庚戌年四月 瑞元建之
調 査 2002年2月26日
備 考 建立者樫田端元は印空寺前住  (「UK030 旧御室御所茶所 – 京都市」より)]

印空寺 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が印空寺山門で、山門両サイドに了海上人遺跡、山門右に旧御室御所茶所碑があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*