大映通り商店街

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    大映通り商店街
    [大映通り商店街さんは、太秦広隆寺から帷子ノ辻に至る全長約700mの商店街。戦後、定期的に夜店が軒を並べる夜市から始まり、徐々にいろいろなお店が出店することにより、商店街としての形が整い、昭和46年に振興組合が組織されました。かつてこの界隈には大映をはじめ映画の撮影所が立ち並んでいたことから、商店街には撮影の合間に映画スターが衣装のままで通りを歩いていたとか、俳優の名前がついた定食があるとか、有名監督の作品に出演経験をもつ名物店主がいるなど、さまざまな“映画”にまつわるエピソードが息づき、“キネマストリート”の名でも親しまれています。
    大型店の進出や郊外型店舗の増加、少子高齢化の進展や後継者不足など、商店街を取り巻く環境は、非常に厳しい状況にあります。また、映画産業についても、時代劇の視聴率の低迷や不況による制作費の削減など、年々厳しさを増しています。
     こうした中、大映通り商店街さんでは、かけがえのない地域の資源である「映画」をテーマに、特色のある商店街づくりに積極的に取り組まれています。映画フィルムをデザインしたユニークなカラー舗装や映画のカメラをモチーフにした街灯などのまちなみの整備、2010年には、商店街も全面的に協力して、ここを舞台にした山田洋次監督の映画「京都太秦物語」も作られました。また、この3月には、かつて大映京都撮影所で製作され一世を風靡した「大魔神」をおよそ50年ぶりに復活。全高5メートルの像を設置し、遠方からのお客さんを呼び寄せるなど、商店街の新しい賑わいを生み出しています。
    その他にも、学生や若手クリエーターのために商店街の路地を開放し、地域と交流しながら作品を展示・販売する「ザ・太秦コンテンツコミュニティ」の開催や、地域の団体や住民と一体となって、子どもから高齢者まで誰もが気軽に立ち寄りくつろげる交流スペース「うずキネマ館」の運営など、人と人とがつながる拠点となる新しい取組に次々とチャレ大魔神が太秦に帰ってきた記念すべき日(2013年3月14日)、大映通り商店街を訪れる人たちのコミュニティスペースとして「うずキネマ館 キネマ・キッチン」がOPENしました。ンジされています。  (「大映通り商店街振興組合/京都府ホームページ」より)]

    カメラ北方向が「京つけもの もり 太秦本店」です。(京つけもの もり 太秦本店 – 帷子ノ辻/京料理 [食べログ])
    もり漬物 本店 – Google Map 画像リンク

    カメラ北方向が「うずキネマ館 キネマ・キッチン」です。(キネマ・キッチン – 帷子ノ辻/カフェ [食べログ])
    キネマ・キッチン – Google Map 画像リンク

    カメラ西南西方向が「豆腐のやなせ商店」です。(京・太秦豆腐 やなせ – 帷子ノ辻/その他 [食べログ])

    スーパーにっさんクオレ太秦店前の「大魔神」です。
    大魔人 – Google Map 画像リンク」「スーパーフレスコにっさん太秦店 – Google Map 画像リンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *