大河内山荘

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    大河内山荘
    [大河内山荘(おおこうちさんそう)は京都市右京区嵯峨にある日本庭園。時代劇などで知られる俳優大河内傳次郎が別荘として造営した回遊式庭園である。昭和9年(1931年)、傳次郎34歳のとき、当時長期保存が難しかったフィルムに対し永く消えることのない美を追究するため自身で設計しこの庭の造営を始めた。映画出演料の大半を注ぎ込み64歳で亡くなるまで30年の歳月をかけてこつこつと作り上げたものである。 場所は小倉百人一首でも知られる小倉山の南東面、嵐山公園(亀山公園)に挟まれた約2万平方メートルの荒地であったところに位置している。
    大乗閣前庭・wikipedia-photo、大乗閣・wikipedia-photo、大乗閣前庭の回遊路・wikipedia-photo、滴水庵と前庭・wikipedia-photo  (wikipedia・大河内山荘より)]

    大河内山荘 (おおこうちさんそう) – トロッコ嵐山/和菓子 [食べログ]

    大河内山荘 – Google Map 画像リンク」、「大河内山荘庭園 – Google Map 画像リンク

    カメラ位置は嵯峨野竹林で、カメラ西北西方向が大河内山荘への道です。

    カメラ北北西方向を進むと中門があり、その先に大乗閣があります。また、北北東方向がお抹茶席になります。

    カメラ西南西方向が大乗閣です。

    御堂(持仏堂)前のカメラです。

    嵐山資料リンク
    都名所図会」・巻之四 右白虎再刻 嵐山巻之四 右白虎再刻 嵐山解説

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *