妙光寺

マーカーは妙光寺です。

妙光寺
[妙光寺(みょうこうじ)は、京都府京都市右京区宇多野にある臨済宗建仁寺派の寺院。山号を正覚山(しょうかくざん)と号する。本尊釈迦如来、開基(創立者)は花山院師継開山心地覚心(無本覚心/法燈国師)である。
京都十刹寺格を有する禅刹。本山・建仁寺が所有する「風神雷神図屏風」は、元々京都の豪商・打它公軌(うだきんのり/糸屋十右衛門)が妙光寺再興の記念に俵屋宗達に製作を依頼し、その後、妙光寺から建仁寺に寄贈されたもの。また京焼色絵陶器の大家・野々村仁清のものと伝えられる墓がある。
開山の心地覚心は宋から味噌醤油の技法を日本に伝えた人物といわれている。
弘安8年(1285年)、当時の内大臣・花山院師継が長子の死を悼み、その山荘を寺院として心地覚心を開山に迎えて創建した。寺号は亡長男忠季の法名・妙光に由来。堂内に中国渡来の印金裂(いんきんぎれ)を貼りめぐらせたという壮麗な印金堂(開山堂)を有し、花山院家菩提寺として広大な寺域を誇った。 持明院統大覚寺統の天皇家の継承争いの際、花山院家は大覚寺派として後の南朝と結び付いたため、妙光寺は大覚寺統の亀山天皇後醍醐天皇後村上天皇勅願寺となった。そのため、南北朝時代建武年間には後醍醐天皇が三種の神器と共に妙光寺に逃れていたこともある。さらに室町時代嘉吉年間にも三種の神器は妙光寺に奉安されていた。(このため本堂には「神器の間」がある)
その後、応仁の乱によって廃れたが、 寛永16年(1639年)、建仁寺の三江紹益(さんこうしょうえき)が豪商・打它公軌の支援を得て再興。しかし幕末の変革期に勤王派の一挙点となっていたことから、すべての塔頭新撰組の焼き討ちを受け焼失した。その後、本堂なども明治廃仏毀釈により他の寺院へ移築され無住となり、度重なる風水害もあり荒寺となっていた。
平成16年(2004年)より、本山建仁寺の修行僧達が中心となって寺域の整備が行われており、方丈の枯山水庭園、開山堂などが再興された。
平成16年(2004年)、枯山水方丈本堂)庭園が再興された。平成23年(2011年)には画家井上文太により、下間の間の襖絵「干潮図」が完成した(平成23年10月16日〜11月6日一般公開)。境内には約200本の楓が植樹され、秋には見事な紅葉が見られるなど、以前の寺格にふさわしい姿を取り戻しつつある。
境内・wikipedia-photo、方丈庭園・wikipedia-photo、野々村仁清墓所・wikipedia-photo  (wikipedia・妙光寺_(京都市)より)]

正覚山 妙光寺 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が妙光寺参道です。

妙光寺資料リンク
都名所図会」・「巻之六 後玄武再刻 鳴瀧妙光寺 (妙光寺)」、「巻之六 後玄武再刻 妙光寺解説

佛教大学図書館所蔵・貴重書等のデジタルアーカイブ集」 – 「一般公開コレクション – 都名所百景 – 洛北鳴瀧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*