小督局墳

マーカーは小督局墳碑です。

小督局墳
[『平家物語』によると,琴の名手として知られた小督(生没年未詳)は,高倉天皇(1161~81)の寵愛を受けたが,中宮(平徳子)の父平清盛(1118~81)の逆鱗に触れ,内裏を出て嵯峨野に隠れ住んだという。この石標は小督の墓跡を示すものである。
所在地 右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町
位置座標 北緯35度00分48.7秒/東経135度40分35.0秒(世界測地系)
建立年 1895年
建立者
寸 法 高100×幅15×奥行14cm
碑 文
[上面]
小督局墳
[下面]
明治廿八年三月建之
調 査 2002年2月25日
備 考 調査時には工事現場前に安置されていた  (「UK029 小督局墳 – 京都市」より)]

2013年9月画像・カメラ北方向に小督局墳碑があり、カメラ右道路先に女優の故浪花千栄子さんが供養されたとも云われる小督塚(五輪塔)があります。

カメラ西方向が小督塚(五輪塔)です。