平岡八幡宮

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    平岡八幡宮
    [平岡八幡宮(ひらおかはちまんぐう)は、応神天皇を祭神とする京都府京都市右京区にある神社(八幡宮)。梅ヶ畑(うめがはた)八幡宮とも呼ばれ梅ヶ畑一帯の産土社である。また、山城国最古の八幡宮でもある。
    大同4年(809年)に神護寺の鎮守として空海大分県宇佐八幡宮から勧請したのが起源であり、応永14年(1407年)の焼失後には足利義満が社殿を再建している。
    現在の本殿は文政9年(1826年)に造営されたもので、大工は上嵯峨の宗兵衛と室町の中川常右衛門藤原忠寛である。この本殿は京都市内に現存する数少ない切妻造本殿の一つであり、平成12年に京都市の有形文化財に指定されている。本殿天井には極彩色の花卉図が44面描かれており「花の天井」と呼ばれ、更に内法長押には熨斗に包まれた梅や椿が描かれるなど装飾性の強い空間になっており、これら彩色画を描いたのは綾戸鐘次郎藤原之信である。
    また、毎年10月の祭礼『三役相撲』は地元の子供と大人が取り組み、神の加護を受けた子供が勝つという古くから伝わる神事である。
    入口石鳥居・wikipedia-photo、拝殿・wikipedia-photo、本殿・wikipedia-photo、若宮社(摂社)・wikipedia-photo、やぶ椿・wikipedia-photo  (wikipedia・平岡八幡宮より)]

    都林泉名勝図会」・「梅ヶ畑平岡八幡宮導故院」(図会右下に平岡八幡宮が描かれている。)

    平岡八幡宮 – Google Map 画像リンク

    カメラ北方向が平岡八幡宮参道です。

    カメラ東方向が平岡八幡宮西鳥居です。