広沢池

マーカーは広沢池です。

広沢池
[広沢池(ひろさわのいけ)は、京都市右京区嵯峨広沢町にある周囲1.3kmほどの池である。日本三沢の一つにも数えられる。別名遍照寺池(へんしょうじのいけ)とも呼ばれる。2010年(平成22年)3月25日に農林水産省ため池百選に選定された。1969年に古都保存法の歴史的風土特別保存地区に指定されている。池の西側には池へ突き出るような形の小さな島があり、観音島と呼ばれ、橋が架けられている。島の内部には石像の千手観音が祭られ、先端には弁天堂もある。現在は鯉の養殖が行われている。
平安時代の中期、989年(永祚元年)に遍照寺の建立にあわせ庭池として本堂の南に造営されたとも言われている。異説として、嵯峨野一帯を開墾した渡来系豪族の秦氏(はたうじ)一族が溜池として造ったとも言われている。平安時代に作られた池は、遍照寺と共に廃れて行ったが明治時代に、地元の人々の協力で修復された。
古来から観月の池として知られ、数々の歌に読まれている。
西行法師による「やどしもつ 月の光の大沢は いかにいつとも 広沢の池」 
源従三位頼政による「古の人は汀に影絶えて 月のみ澄める広沢の池」
薩摩守平忠度による「あれにける宿とて月はかわらねど昔の影は なほぞこひしき」
松尾芭蕉による「名月や池をめぐりて夜もすがら」
広沢池 別名(遍照寺池)・wikipedia-photo  (wikipedia・広沢池より)]

カメラ東方向が広沢池で、手前の島が観音島です。

広沢池資料リンク
都名所図会」・「巻之四 右白虎再刻 広沢池」、「巻之四 右白虎再刻 広沢池解説

都名所画譜」・「巻之上 広沢池

国立国会図書館デジタル化資料 – 浪花百景付都名所」 – 「都名所之内 広沢池秋の月

佛教大学図書館所蔵・貴重書等のデジタルアーカイブ集」 – 「一般公開コレクション – 都名所百景 – 廣澤池

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*