妙心寺

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    妙心寺の子サイトへリンク
    妙心寺(勅使門)妙心寺(三門)妙心寺(仏殿)妙心寺(法堂)妙心寺(小方丈・大方丈・大庫裏)妙心寺(浴室)妙心寺(鐘楼)妙心寺(経蔵)

    妙心寺
    [妙心寺(みょうしんじ)は、京都市右京区花園にある臨済宗妙心寺派大本山の寺院。山号を正法山と称する。本尊は釈迦如来。開基(創立者)は花園天皇。開山(初代住職)は関山慧玄(かんざんえげん、無相大師)。日本にある臨済宗寺院約6,000か寺のうち、約3,500か寺を妙心寺派で占める。近世に再建された三門仏殿法堂(はっとう)などの中心伽藍の周囲には多くの塔頭寺院(たっちゅうじいん、子院)が建ち並び、一大寺院群を形成している。平安京範囲内で北西の12町を占め自然も多いため、京都市民からは西の御所と呼ばれ親しまれている。
    京都の禅寺は、五山十刹(ござんじっさつ)に代表される、室町幕府の庇護と統制下にあった一派と、それとは一線を画す在野の寺院とがあった。前者を「禅林」または「叢林」(そうりん)、後者を「林下」(りんか)といった。妙心寺は、大徳寺とともに、修行を重んじる厳しい禅風を特色とする「林下」の代表的寺院である。平安京の北西部を占める風光明媚な妙心寺の地には、花園天皇(上皇)の花園御所(離宮萩原殿)があった。花園上皇は、建武2年(1335年)落飾(剃髪して仏門に入ること)して法皇となり、花園御所(離宮萩原殿)を禅寺に改めることを発願した。法皇の禅の上での師は大徳寺開山の宗峰妙超(しゅうほうみょうちょう、大燈国師)であった。宗峰は建武4年(1337年)12月没するが、臨終間近の宗峰に花園法皇が「師の亡き後、自分は誰に法を問えばよいか」と尋ねたところ、宗峰は高弟の関山慧玄(かんざんえげん、1277-1360)を推挙した。その頃、美濃国(岐阜県)の山奥で修行に明け暮れていた関山は、都に戻ることを渋っていたが、師僧・宗峰の遺命と花園法皇の院宣があっては辞去するわけにはいかず、暦応5年/康永元年(1342年)、妙心寺の開山となった。なお、「正法山妙心寺」の山号寺号は宗峰が命名したもので、釈尊が嗣法の弟子・摩訶迦葉(まかかしょう)に向かって述べた「正法眼蔵涅槃妙心」(「最高の悟り」というほどの意味)という句から取ったものである。関山慧玄の禅風は厳格で、その生活は質素をきわめたという。関山には他の高僧のような「語録」はなく、生前に描かれた肖像もなく、遺筆も弟子の授翁宗弼(じゅおうそうひつ)に書き与えた印可状(師匠の法を受け継いだ証明書)のほかほとんど残されていない。妙心寺6世住持の拙堂宗朴(せつどうそうぼく)は、足利氏に反旗をひるがえした大内義弘と関係が深かったため、将軍足利義満の怒りを買った。応永6年(1399年)、義満は妙心寺の寺領を没収し、拙堂宗朴は大内義弘に連座して青蓮院に幽閉の身となった。妙心寺は応仁の乱(1467-1477年)で伽藍を焼失したが、中興の祖である雪江宗深(せっこうそうしん、1408-1486)の尽力により復興。細川家豊臣家などの有力者の援護を得て、近世には大いに栄えた。
    国宝
    梵鐘戊戌(つちのえいぬ)年、つまり西暦698年にあたる年の銘文がある、日本最古の紀年銘鐘。九州方面で制作されたものである。妙心寺には法堂の北西と仏殿の南東に鐘楼があるが、前者の鐘楼にかかっていた(現在は法堂に移動)。音色が雅楽の黄鐘調(おうじきちょう)に合うことから古来「黄鐘調の鐘」として著名で、『徒然草』にもこの鐘のことが言及されている。
    ●大燈国師墨蹟 関山字号(嘉暦己巳仲春)
    ●大燈国師墨蹟 印可状(元徳二年仲夏上澣)  (wikipedia・妙心寺より)]

    妙心寺公式ホームページ」 – 「妙心寺山内図」 – 「花園会館(https://goo.gl/maps/G4WHwGTfPrv)」

    妙心寺花園会館-宿坊 – 宿坊研究会

    [南総門(重要文化財) – 慶長15年(1610年)の建立。]

    妙心寺資料リンク
    都名所図会」・「巻之六 後玄武再刻 妙心寺」、「巻之六 後玄武再刻 正法山妙心寺 (妙心寺)解説

    都林泉名勝図会」・「巻之四 大嶺院(廃寺)」 、「巻之四 大嶺院解説」、「巻之四 真乗院」、「巻之四 芋喰僧都旧跡 (真乗院)解説
    [永正6年(1509)利貞尼により仁和寺真乗院の敷地が妙心寺に寄進される。この土地は現在の中心伽藍域に当たり、本寺の発展に深く寄与したことから、位牌が. 安置され、礼拝されていた。  (「妙心寺仏殿の文政再建に関する新知見 – 京都府埋蔵文化財調査研」より)]

    国立国会図書館デジタル化資料 – 浪花百景付都名所」 – 「都名所之内 妙心寺雪江松

    佛教大学図書館所蔵・貴重書等のデジタルアーカイブ集」 – 「一般公開コレクション – 都名所百景 – 花洛細見圖(15)」[10/12が正法山妙心寺の細見圖です。画像右上の「翻刻」ボタンをクリックすると原文、解説が表示されます。]

    妙心寺道・カメラ北方向が妙心寺南総門です。

    [北総門(重要文化財) – 慶長15年(1610年)の建立。]

    一条通り・カメラ南方向が妙心寺北総門です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *