春浦院

マーカーは春浦院です。

春浦院
[開祖は妙心寺319世空山宗空(くうざんそうくう/真空円明禅師)。空山が永井佐渡守尚主(ながいさどのかみなおぬし)の浄財により、荒廃していた一子院(しいん)を再興してなったとされる妙心寺境域外塔頭(たっちゅう)。一説に寛永5年(1628)創建、万治(まんじ)元年(1658)再興というが、この再興年次でも空山の幼年にあたり、創建事情は未詳。空山には帰依(きえ)者が多く、一柳末礼(ひとつやなぎすえひろ)や横田重房(よこたしげふさ)など有力な外護(げご)者がいて、寺観(じかん)が整備され、虎渓(こけい)の三笑(さんしょう)を模したという庭園で知られていた。現在は旧寺域の三分の一に縮小されている。室町時代の「福富草紙(ふくとみぞうし)」(重文)を有する。  (「春浦院|京都花園 臨済宗大本山『妙心寺』」より)]

春浦院 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が春浦院山門です。

春浦院資料リンク
都林泉名勝図会」・巻之四 春浦院巻之四 春浦院解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*