東林院(沙羅双樹の寺)

マーカーは東林院です。

東林院(沙羅双樹の寺)
[東林院(とうりんいん)は臨済宗妙心寺塔頭の一つ。樹齢300年の沙羅双樹の銘木で知られる。通称は沙羅双樹の寺。享禄4年(1531年)、細川氏綱が父の菩提を弔うため現在の京都市上京区に建てた三友院を起源とする。弘治2年(1556年)に山名豊国(母が細川高国の娘)が妙心寺(右京区花園)山内に移し、現在の「東林院」と改名した。このときに東林院は細川氏菩提寺から山名氏菩提寺に転じて現在に至っている。
現住職の西川玄房精進料理研究家として著名であり、現在は毎週火曜日に精進料理教室(要予約)を開いているほか、3名以上で予約すれば精進料理を食べることも可能である。
基本的に非公開寺院であるが、毎年1月の「小豆粥で新春を祝う会」、6月の「沙羅の花を愛でる会」および10月の「梵燈のあかりに親しむ会」の時は特別拝観可能である。
宿坊があり、宿泊を希望する場合は事前に往復はがきによる予約が必要である。  (wikipedia・東林院より)]

妙心寺東林院-宿坊・精進料理教室 – 宿坊研究会

東林院 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が東林院山門です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*