桂春院

マーカーは桂春院です。

桂春院
[桂春院(けいしゅんいん)は京都市右京区花園にある臨済宗大本山妙心寺塔頭(たっちゅう)である。退蔵院・大心院とともに通年公開されている塔頭の1つである。慶長3年(1598年)に織田信忠織田信長の長男)の2男・津田秀則(つだひでのり)が水庵宗掬(すいあんそうきく)を開祖として見性院(けんしょういん)を創建。秀則死後、美濃国の豪族・石河貞政(いしこさだまさ)が寛永9年(1632年)に父の50年忌の追善供養のために桂南守仙(けいなんしゅせん)を請じて建物を整備し、父の法名「天仙守桂大禅定門」・母の法名「裳陰妙春大姉」から2文字をとり桂春院と改めた。
建造物
方丈(本堂)
京都府指定有形文化財。 寛永8年(1631年)に建立された単層入母屋造・桟瓦葺の建物で、内部は狩野山楽の弟子である狩野山雪による襖絵で飾られている。このうち「金碧松三日月図」は狩野山雪の筆によるもので、かつては仏壇背後に貼り付けられていたが,襖絵へと改装された。
●既白庵(きはくあん)
石河貞政が寛永8年(1631年)に城主を務めていた長浜城から書院ともに移築した茶室。深三畳台目、杮葺、東側を切妻造として出庇をつける。藤村庸軒流の茶室と伝えられる。なお妙心寺では詩歌・茶道などは修行の妨げになるため厳禁だったが、建物の隅に隠れるように茶室を建て,ひそかに茶を楽しんでいた。
庭園
江戸時代の作庭で、国の名勝・史跡に指定されている。
●清浄の庭
方丈北側の壺庭で、片隅には紀州の巨岩・奇石が直立した枯滝が配されている。
●侘(わび)の庭
書院から既白庵へと通じる露地庭で、梅軒門と猿戸によって内露地と外露地に分けられ,苔に覆われた蹲踞が隠れるように置かれている。ファイル:桂春院_侘の庭.JPG
●思惟(しい)の庭
方丈の東側に広がる庭で、梅軒門より飛石が延び,露地風の趣きある庭園である。ファイル:桂春院_思惟の庭.JPG
●真如(しんにょ)の庭
方丈南側の庭園で、サツキキリシマツツジ馬酔木などがバランスよく植えられている。  (wikipedia・桂春院より)]

桂春院 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向が桂春院山門です。

カメラ北東方向が庫裏玄関です。

侘(わび)の庭前のカメラです。

思惟(しい)の庭前のカメラです。

真如(しんにょ)の庭前のカメラです。