長慶院

マーカーは長慶院です。

長慶院
[開祖妙心寺七十一世東漸宗震(とうぜんそうしん)。慶長(けいちょう)5年(1600)、木下家定(きのしたいえさだ)の妹(豊臣秀吉の妻北政所の姉にあたる)によって創建された。東漸は北政所の帰依(きえ)も受けたが、高台寺(こうだい)の開山(かいさん)招請(しょうせい)には応じなかった。寛文(かんぶん)2年(1662)には林豁(りんかつ)が取正(しゅしょう)庵を建立(こんりゅう)、延宝(えんぼう)8年(1680)には五世の卓宗(たくじゅう)和尚が当院を再興している。明治11年(1878)に府下相楽郡(そうらく)の末寺(まつじ)、妙法(みょうほう)寺と合併。本堂をとりこわし、寺号を妙法寺と改めたが、同38年に長慶院(ちょうけい)の称に復帰した。現存する門は、伏見城(ふしみ)の東門である。  (「大本山妙心寺 – 塔頭寺院案内 – 長慶院」より)]

長慶院 – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向が長慶院山門です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*