雑華院

マーカーは雑華院です。

雑華院
[開祖は妙心寺79世一宙東黙(いっちゅうとうもく/本源自性禅師)。開基は一宙の実兄牧村兵部利貞(まきむらひょうぶとしさだ)。天正11年(1583)に開創された。一宙は柏堂景森(はくどうけいしん/東海派下独秀(どくしゅう)門派)に参じ、その嗣虚庵慧洪(きあんえこう)に嗣ぐ。その弟子のうち雲居希膺(うんごけよう)、大愚宗築(たいぐそうちく)はよく知られる。利貞は明智光秀の重臣斎藤伊予守の子(※稲葉重通の子と言う説もあるようです)で、文禄の役に出陣し戦地で没した。利休七哲の一である。春日局はその姪にあたる。当院庭園は玉淵坊(ぎょくえんぼう)の作。敷地は、もと石川光重より譲り受けたものである。  (「雑華院|京都花園 臨済宗大本山『妙心寺』」より)]

雑華院 – Google Map 画像リンク

東南東方向が雑華院山門です。

雑華院資料リンク
都林泉名勝図会」・巻之四 雑華院巻之四 雑華院解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*