養徳院

マーカーは養徳院です。

養徳院
[開祖妙心寺六十七世功沢宗勲(こうたくそうくん)。天正(てんしょう)11年(1583)、石川光重(みつしげ)が父光延(みつのぶ)の菩提(ぼだい)をとむらうため功沢を請(しょう)じて創建された菩提所塔頭(たっちゅう)。功沢も光延の子であり、功沢のあとを嗣(つ)いだ水庵宗掬(すいあんそうきく)(心華霊明禅師)も石川氏出身である。当初は、現在の大雄(だいおう)院・幡桃(はんとう)院・海福(かいふく)院・雑華(ざっけ)院の敷地をふくむ広大な領地を有していたが、しだいに衰微縮小され、安政(あんせい)6年(1859)の再建時に現在の堂宇(どうう)が建立(こんりゅう)された。このとき現在の小方丈(ほうじょう)の北にあったものが、昭和10年に現在地に移されている。  (「大本山妙心寺 – 塔頭寺院案内 – 養徳院」より)]

養徳院 – Google Map 画像リンク

カメラ南方向が養徳院山門です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*